2005年11月27日

【問題206】偽札づくりの名人

今日のIQサプリで出されていた問題で、こんなのがありました。

【問題】
ここにマッチ棒が三本あります。このマッチ棒を使って漢字の「目」を作ってください。

これ、回答は、マッチ棒をタテに三本重ねて持って、お尻の方を見たら「目」になっている、というものだったんですが、私はこんな感じの答えだとてっきり思ってました。

机の上にマッチ棒を一本ずつ、上から下に平行に置きます。司会者や回答者の机は四角くなっているので、マッチ棒が置かれたところを「目」の中抜きの三つの長方形部分としてみれば、机全体が「目」という漢字になります。

こっちの方がなんとなく頭の体操っぽいと思うんですが、どうでしょう。


【問題206】
タイゾー君は、偽札づくりにかけては名人級の腕を持っています。ある日、本物のお札に使われている紙を入手して、透かしももちろん、完璧にオリジナルとそっくりな一万円札を作ったのですが、使ったらすぐに偽札とばれて、タイゾー君は逮捕されてしまいました。
なぜだかわかりますか。


本物のタイゾー君、自民党結党五十年の大会で何事もなくカンペを読み上げたらしく、面白いことを期待していた者としてはちょっと残念な気も。

回答を回答集blog【回答206】にUPしました。

友達にすすめる

posted by fakerholic at 00:01| Comment(12) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オリジナルと偽者を同時に2万円分使った。
通し番号まで同じ・・・
Posted by Dai at 2005年11月27日 00:55
同じ通し番号の偽札を大量に作り、高級車を買おうとした。
そして小心者のタイゾー君は冷や汗、手の震えが止まらず、瞳孔が開き、声も裏返っていた。
Posted by ずん at 2005年11月27日 02:35
完全に別解狙いのひねくれた回答を。
タイゾー君は偽札を使って物を買ったのではなく、これを使って自分を大々的に宣伝したのではないでしょうか。
「俺にかかれば1万円札もこんなに精巧に再現できるぜ。」
とでも思ったのでしょう。
もちろんこんなことしたら即逮捕ですが。
ありえませんね。。。
Posted by at 2005年11月27日 03:25
オリジナルが舶来品だった。
Posted by 老也 at 2005年11月27日 08:55
お巡りさんの目の前で作った…とか
Posted by 蟹 at 2005年11月27日 11:18
タイゾー君が偽札作りの名人として著名だったから・・・
Posted by メソ at 2005年11月27日 22:18
紙の入手経路から警察にマークされていた。
しかも、肖像画をよーく見たら福沢諭吉じゃなくてトミーズ雅になっていた。
Posted by 連隊長 at 2005年11月28日 00:42
タイゾー君が作った偽札は図柄も透かしもそっくりだったけど、サイズが一回り小さかった。
Posted by なまけもの at 2005年11月29日 00:40
タイゾーくんがオリジナルだと思っていたのは実は粗悪な偽札だった。
Posted by Mika at 2005年11月30日 16:58
こども銀行の一万円札だった。
Posted by クリスチャン at 2005年11月30日 21:27
発行前の新札だったとか
Posted by マーフィー at 2005年12月02日 17:10
なんでも鑑定団に出たから
Posted by こわみ at 2005年12月06日 15:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。