2005年09月21日

【問題142】誰にも愛されなかったスパイ

今日は更新が遅くなるかと思ったのですが、空港でちょっと時間ができたので、早いうちに今日の分をUPします。(回答の方は明日2つ分をUPすることにします)


【問題142】
第二次世界大戦の趨勢を決めた、連合軍のノルマンディー上陸作戦(D−Day)において、連合軍側はドイツ軍に上陸地点をカレーだと信じ込ませるために、様々な手段を講じました。

ところが連合軍は、ドイツのスパイを二重スパイ(自軍のスパイ)として味方に引き入れた後、このスパイを使って、なぜか最重要機密であるノルマンディーへの上陸をドイツ側に連絡させたのですが−−−なぜだかわかりますか。



スパイというのは過酷そうな職業ですが、二重スパイともなるともっと大変そうです。連絡員の名前をうっかり間違えようものなら人生終わったも同然です。


回答を回答集blog【回答142】にUPしました。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 15:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このスパイを上陸後に有効に使うため。
Posted by ターメリック at 2005年09月21日 17:49
連合軍はドイツ軍がそのスパイを信じないことを見越して、裏の裏をかいて本当のことを伝えた、のでは。
「おれグーだすよ」っていって本当にグーを出して勝つようなもんですかね^^;
Posted by Dai at 2005年09月21日 22:41
そのスパイが二重スパイであることがドイツにばれていたから。
Posted by 疾風徐林 at 2005年09月21日 23:23
二重スパイであることがドイツ側にばれていて、
したがって彼の情報は、信用されない。
と言うことは、ノルマンディー上陸はニセ情報とされる。
こういう高等戦術を使ったんでしょうね。
Posted by 孝太郎 at 2005年09月22日 10:39
作戦が成功しているかを、確認するため。
Posted by 老也 at 2005年09月22日 13:01
スパイが一人とは限らないので、ノルマンディー上陸はすでにばれていると判断し、二重スパイに
した彼を信じ込ませるために他のスパイが言ったであろう事を言い、それに嘘の情報を混ぜること
により、情報をかく乱させることが出来る。
・正しいことも言っているので信頼される。
・より多くの情報を知っているので他のスパイより重要視される。
これによって情報かく乱の成功率は高まります。と思います。
Posted by メソ at 2005年09月30日 17:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7157439

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。