2007年01月14日

【問題404】パルテノン神殿と観光客

世の中には「アリバイ会社」というジャンルの商売があるようです。

何をやってるかというと、実際の勤務先を明かしたくない顧客のために架空の勤務先(!)を用意、名刺や封筒の作成からその顧客宛の電話の応対(もちろん架空の会社なので本人はおらず、折り返しにして伝言してます)、果てはその会社名義の給与明細書(!)や在籍証明書まで発行するというビジネスで、子供を保育施設に預けたり不動産を借りるときに利用されたりしてるようです。

もちろんこれらの書類は公的な手続きには使えないので結構グレーなビジネスっぽいですが、なんでこんな話かというと、こういったサービスを提供している会社が脱税で告発されたというニュースを見たからなのでした。顧客にはきちんと税務申告を、といっておきながら自分が脱税、結構繁盛してたようです(ネットで調べると、思ったより出てきます)。

ちょっと面白いのは、この類の会社、オプションで冠婚葬祭時に会社の役員名で電報を送ったり上司や同僚として出席もするそうで、最後まで騙しとおすだけのメニューを持っているのはさすがだ、と思ってしまいました。



【問題404】
屈指の観光名所パルテノン神殿で、観光客が神殿の大理石をはぎとって記念に持ち帰ってしまうことに頭を悩ませていたギリシャ当局は、あることを行うことでそれを解決することに成功しました。当局が行ったことがどんなことなのかわかりますか。



そんなに難しくありません。ところで、あのヤフージャパンが10周年記念企画として、4月1日エイプリルフールに一日限定で実施する新サービスの投票を受け付けてます。サービスのアイディアは10個ほどあってどれも面白いんですが、笑ってしまったのが一つ。これです。

Yahoo!低姿勢
表示されるメッセージがバカ丁寧。全角10文字以内で入力していただけると、此(こ)れ幸いと存じます。

密かにこれ、やってくれないかな、と存じ上げたのでございます。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 01:17| Comment(13) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
神殿のものとは違う大理石を、そこいら中にばらまいておいた。
TAKE FREE的な感じで。
Posted by IB at 2007年01月14日 01:56
「※これは復元です」

これじゃあ身も蓋もないか…
Posted by 富樫 at 2007年01月14日 02:38
とったら崩れて下敷きになるよ…っていう看板を立てとく
Posted by 武丸 at 2007年01月14日 15:29
全部コンクリートでかためちゃった、なんて話は聞いたことないな…
Posted by 伊藤赤 at 2007年01月15日 08:07
いっそのこと、神殿を立入禁止にするとか・・・。
本末転倒?
Posted by 丼 at 2007年01月15日 09:34
持って帰った人が次々と死んでいく・・・
『呪い』の噂を流した!!
Posted by みかん at 2007年01月15日 15:47
大理石はすべて撤去。
台無しか…
Posted by 連隊長 at 2007年01月17日 12:22
初コメですm(__)mお土産ように大理石を売った(配った)のではないでしょうか
Posted by きく at 2007年01月17日 15:19
警備員の増員なぞという答えは如何でございましはべさすらむ。。。あぁ、いろいろ間違った方向に低姿勢だわさ(ノД`)
Posted by のの at 2007年01月21日 04:16
大理石などを販売することにより、神殿の大理石を持ち帰ってはいけないことだと認識させる。
Posted by 007 at 2007年02月11日 22:50
大理石の裏とかにサインさせて、そのまま
残していくとまたここにこれる
とか、幸せになれるというサービスをやった?
トレヴィの泉にコインを投げるとか、
神社に絵馬を奉納して置いていく
というような発想で・・・
Posted by クイズ初心者 at 2008年06月27日 05:43
大理石を剥いだ者は見つけ次第、その頭の皮を剥ぐという権限を持たせたインディアンを警備に雇った。^^v
Posted by スモークマン at 2008年09月05日 03:27
「大理石のお持ち帰り、
 1グラム:1万円で販売しています。
 はがして、料金所までお持ちください。」

と看板し、

料金所を作り、料金所までの案内係(監視員)を置いた。
Posted by けい at 2012年01月21日 13:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。