2007年01月11日

【問題403】浮気が見つからない方法

9日にアメリカ方言学会というところが、06年に最も注目を集めた「新語」を選出しています。ではそれってどんな言葉?
新語というからには、日本だと辞書には載らないけどイミダスには載っている程度の造語かと思いきや、これが既存単語のpluto、冥王星だったのでした。

06年は太陽系の惑星が10個になって仲間が増えるかも、という話から急転直下、矮(わい)惑星に格下げとなってしまった冥王星にとってまさに厄年だったと思われますが、それにしてもなぜこれが新語なのか。

実は矮惑星に降格してしまった冥王星から転じて、plutoが「評価を下げる」という意味合いの動詞として使われている、らしく、その意味で新語大賞に選出されたらしいのでした。

七人の小人がplutoにちなんだコメントを出してたりして(こんな話でした)、結構いろんな話題を提供していましたが、まだまだ冥王星ネタは尽きない、といった感じです。
あと、日本でも「お前やっぱりプルートだよな」とか隠語的に使ってみるのも面白そうです(マンガの方の「プルートゥ」は世界最強のロボットだったりするので、言われた方は「そう?やっぱりオレって強い?」とか勘違いしそうな気が)。



【問題403】
夫の浮気が気になって仕方がない妻は、探偵に頼んで内緒で夫の素行調査をしてもらいました。調査結果を見たところ行動に浮気を示す不審な点は全くなく、妻は一安心したのですが、実はその間、夫は浮気をしていました。
素行調査は完璧に行われ、一切夫にばれていなかったのですが、一体なぜだかわかりますか。



「浮気」でネットで調べてみると、滋賀県や京都市に浮気町という地名があって浮気保育園なんてのがあったりして、親御さんも苦笑してそうです。そういえば鳥取にハワイという地名もあって、行ったことあります。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:34| Comment(12) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
浮気相手が探偵。
Posted by 伊藤赤 at 2007年01月11日 01:40
件の探偵が、夫の浮気相手だったのかな?
Posted by クニ at 2007年01月11日 01:58
夫は電話や手紙などで、遠距離恋愛的な浮気をしていた!

………んなわけないか。私も探偵が浮気相手じゃないかと。
Posted by IB at 2007年01月11日 09:54
妻は多重人格で、別人格者と浮気。
Posted by 連隊長 at 2007年01月11日 13:00
探偵が無能だった……
はい、すいません
出直します
Posted by おのまころ at 2007年01月11日 16:13
同性愛者?
遠距離恋愛?
Posted by ガチョ at 2007年01月11日 18:03
探偵が完璧な調査をしたのだったら・・・

実はこの2人は結婚しておらず、
夫には他に正妻がいる。
そしてこの正妻とは全く会っていない。

つまり、この自分では妻と思いこんでいる女性と
一緒に住んでいる事自体が、浮気だった。
Posted by あらい at 2007年01月11日 20:43
探偵が夫って可能性も・・・。
Posted by 丼 at 2007年01月12日 09:25
浮気の定義に関する境界線の相違。
別の女性と飲みに行っている夫は浮気してるつもりだが、妻には全く気にならなかった。
Posted by at 2007年01月12日 11:26
この夫婦は一妻多夫制の国の人だった。

妻には夫が複数おり、妻は間違えて真面目な夫の方の
調査を探偵に依頼、当の浮気夫は、のほほんと本日も
お楽しみ‥とか。

ところで、一妻多夫制とかって、双児(とか三つ子)
の兄弟を一緒にお婿さんにもらうって出来るんですかね?
Posted by オガチ at 2007年01月16日 11:08
さすがに浮気となるとみなさん色々な思いを張り巡らすのですね!?
探偵があやしい…
Posted by プリキュア at 2007年04月25日 22:06
たとえば、

妻の連れ子と浮気をしている。

妻の連れ子は、夫婦と同居しているので、
依頼者の家の中のことまでは、
探偵の調査の対象外となる。
Posted by けい at 2012年01月27日 23:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31212774

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。