2006年08月22日

【問題348】中身がなくて高価な本

何日か前に、インドで発売されたコカコーラとペプシコーラに殺虫剤成分が含まれていた、ということで、かの国で不買運動が起きたというニュースがありましたが、ペプシコにはフィリピンでの「80万人暴動」という不名誉な話があります。

1992年、ペプシはフィリピンでコーラに「ナンバーフィーバー」という懸賞金をつけました。キャップの内側に数字が印刷してあって、五万本に一本の割合で最高100万ペソが当たる、というもので、大成功を収めました。
これに気を良くした経営陣はキャンペーンの継続を決定します。当たり番号を8つ追加した、までは良かったのですが、そのうち一つが以前のキャンペーンでハズレとなっていた番号で、この番号だけで既に80万本(!)が出回っていたのに気づかなかったのでした(金額にして8000億ペソ、今の日本円にして1兆8400億円!!)。

事の重大さに気づいた経営陣は即座にこの番号をハズレにしましたが、ここに死者二名、ペプシ運搬用トラック38台破壊、ペプシ幹部の海外逃亡という大暴動が起きたのでした。

お金が絡むと暴動もスケールが違うようで・・・


【問題348】
タイゾー君はある高価な初版本を購入しました。何時間かその本を読み進めていくと、表現が幼稚で中身も退屈、おまけに内容に多くの誤りがあって、とても払っただけの価値はない本だという事がわかったのですが、タイゾー君は読み終えてとてつもない喜びを噛みしめていました。一体なぜだかわかりますか。



回答全然UPしてないくせに、とお叱りの声がある中、そろそろ350問目なのでそのあたり何か企画モノをやるかもしれません。(多分)


友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:41| Comment(15) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タイゾー君が購入したのは、
ある文豪の全集(シリーズ)だった。
初版本は、なんとその文豪の幼少期の作品で
始まっていたのだが、タイゾー君が全巻を読み終える
までには、
感動を禁じえない作品、シーンにたくさん触れることができたことであろう。
Posted by クニ at 2006年08月22日 02:01
以下の5つが考えられます

@その本はタイゾー君自ら、または家族や友人が書いた本であった。内容に不備はあったが、本が発行されている事に関して喜びがあった。

Aその本は、タイゾー君、または家族や友人が書いた(書こうとしている)本と同じジャンルの本で、いわばライバルが書いた本。そのライバル本の内容がよくなかったので、勝てると思い、喜びがあった。

B初めて読破した外国語の本で、内容よりも全部理解できた事に関しての喜びがあった。

C薬でラリッた状態で読んだ本なので、内容とは関係ないしに常に喜んでいた。

D偶然本を読み終えたと同時に、何か他の事で嬉しいニュースが届いたので、その事項に関して、読み終えてとてつもない喜びを噛みしめたとなる。
Posted by たけ at 2006年08月22日 05:16
高価な初版本ということは、中身に関係なく、
希少な本だとか、それだけで価値があるものでしょう。
中身がひどくても、たとえば思った以上に
きれいな本だったら、
市場に出ればより高価なものになる可能性があり、
タイゾー君としては、大いに喜んだのでした。
Posted by 孝太郎 at 2006年08月22日 09:30
本の最後にタイゾー君が大ファンの芸能人かなにかのコメントがあったとかはどうでしょう。まさかこんなところで出会えるとは!という感じで。
ときどき、最後にコメントがある本ありますよね?
Posted by 絢架 at 2006年08月22日 09:38
最後のほうのページに高額のヘソクリが挟んであった…とか
Posted by 蟹 at 2006年08月22日 11:32
追加で、あまりに本の評判が悪かった為にイメージダウンするとしてコメントが初版にしか載ってない、など考えたのですが、これ小説と指定されてませんよね?
ということは、たけさんのAとほぼ同じですがタイゾー君はあることを長年研究していて、まったく同じ研究についての論文などの本が出たので急いで買ったが、読了後研究が無駄ならないと喜びました。というのはどうでしょう?
Posted by 絢架 at 2006年08月22日 12:02
袋とじ特集がすっごいツボだった。
Posted by 連隊長 at 2006年08月22日 12:47
この本を読むと直ぐに眠れたから.
Posted by 如何様 at 2006年08月22日 20:05
その初版本はタイゾー君の大好きな作家の初期の作品で作家のサイン付きだったため。
Posted by 寺門 at 2006年08月22日 23:22
タイゾー君が作ったから。だと思います
Posted by ユウト at 2006年08月23日 15:26
タイゾー君は最近、事故で光を閉ざされてしまいました。タイゾー君は生活のために苦労して点字を覚えました。そうしてから初めて読破したのがその点字の本だったのでした。
Posted by あんだんて at 2006年08月24日 01:01
「こんな退屈な本をここまで読んでくれた方に感謝と敬意を表する。お礼といっては何だが、私の全財産を差し上げたいと思う云々」とあとがきの最後に書いてあった
Posted by 橘 at 2006年08月24日 02:32
現在は超売れっ子作家であるタイゾー君が
古本屋で高額で売られている自分の処女作に
感動している、といった具合では。
Posted by オガチ at 2006年09月01日 15:31
障害者が出した本をチャリティーで買ったから満足した。
Posted by タナカ at 2012年05月14日 04:06
聖書。
Posted by 太郎 at 2012年08月27日 05:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22644352

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。