2006年07月31日

【問題338】王と水とミルク

宇宙開発をネタにしたジョークにこんなのがあります。

無重力の宇宙空間ではボールペンが使えないことがわかりました。
アメリカ:数億円をかけて宇宙ボールペンを開発しました。
ロシア(旧ソ連):鉛筆で作業をしていたので、そもそもそんなことに気づきませんでした。


なんでこんな話が、というと、今日のasahicomの記事で、戦略国際問題研究所(ワシントン)のジェームズ・ルイス部長という人がまさにこのジョークをたとえに出していたからなのでした。
宇宙開発の派生技術として、医療用のCTとかレーザーメス、インスタント食品などが民生用に利用されているものの、「NASA(アメリカ航空宇宙局)は無駄遣いをしてる」と常に批判されているらしいです。

宇宙ボールペンというのは本当にあるらしいです。でも手に入ったところで証明できないですね:-)


【問題338】
中世のある王様が、賢人を呼んでこんな問題を出しました。
「ここにグラスすれすれ一杯の水と、同じグラスすれすれ一杯のミルクがある。この2つのグラス以外の入れ物を使わずに、どちらのグラスも水50%、ミルク50%の混合液にしてみせよ」
これを聞いた賢人は何とか王様の言うとおりのことをしたのですが、さて、どうやったのかわかりますか。



王といえば、昨日から渋谷で「王と鳥」という70年代の海外アニメが日本初公開になったそうで、これがものすごく前評判が高いようです。そんな話を聞くと見に行きたくなります。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:31| Comment(11) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それぞれ凍らせてから上半分50%ずつを交換。
その後解凍してからよく混ぜて出来上がり。
Posted by すも at 2006年07月31日 00:41
グラスを傾け、水面が底面の最上部と開口面の最下部を結ぶまで溶液をこぼす。
これを両方のグラスで行い、水とミルクを半分以下同量にする。
片方のグラスへ全て移し、混ぜる。これで五分五分の混合液が完成、
ある程度の量をもう片方のグラスへ戻して完了です。

実際はサインペンを使ってた時期もあるようなので、わざわざ
ボールペンを作らせたのにはそれなりにわけがあるようです。
Posted by mario at 2006年07月31日 01:18
どっちも全部飲む。
胃の中で半々の混合液に。
Posted by 殿様 at 2006年07月31日 07:25
凍らせてからグラスどうしをくっ付ける。
んでもって、溶けたらシェイクシェイク!
Posted by 丼 at 2006年07月31日 08:00
ミルクの入っている方のグラスを温めて水分をとばし粉末状にして、もう一方のグラスから水をたし両方のグラスを使って均等に攪拌してから二つに分ければよい.
Posted by 如何様 at 2006年07月31日 12:56
私もmarioさんと同じです。
問題には、量を減らしてはいけないとは
書いてないですよね。

宇宙ボールペンについては、こちらに出ています。
http://www.mpuni.co.jp/product/ball_pen/power_tunk_knock/index.html

180円と安いものなので、試しに買ってみようかな。
寒いところでも書けるそうなので、寒いところに
行くときには、重宝するかも。
Posted by 孝太郎 at 2006年07月31日 15:21
まずミルクを半分以上飲む、次に水をミルクと同じ量飲む。並べて同じ量を確認して片方のコップにうつす。このとき半分以上残っていると、こぼれてしまうので、半分より飲むのがポイント!これを均等に分ければ出来上がり
Posted by S子 at 2006年07月31日 16:08
そうか、量を減らしてもいいんですよね。
私は、量を減らさない手段としてこういうのを考えていました。

どちらかのコップにハガキ大の紙を乗せ、蓋をする。プラスチックの下敷きとかでもいい。そして、ひっくり返す。そして、もう一個のコップと紙か下敷きを挟む形でくっつけ、紙か下敷きを抜けばコップ同士つながることになる。ほっておけば、自然に混ざるので、50%溶液ができる。コップを2つに戻せないけど、そんなことは求められていない、という理屈です。
Posted by koshin at 2006年07月31日 22:59
(付記)なお、水を一杯に入れたコップに下敷きで蓋をした場合、ひっくり返しても水はこぼれません。大気圧の力が作用するのだそうです。でも、うまく抜くのは難しそうですね…。
Posted by koshin at 2006年07月31日 23:04
答えの方は半分まで飲んでそれから混ぜるということで。

宇宙ボールペンオリジナルはこちら
http://item.rakuten.co.jp/rin-rin/06941/
これはスペースシャトルのモデルが付いた豪華版ですが、
私が土産にもらったのはもっと廉価版です。

宇宙で使える証明はできます。
普通のボールペンは上向いては長く書けないのですが、
このペンや三菱のパワータンクは上を向けても書けます。

ただ、パワータンクの初期ロットはインクのボタもれが多かったです。
Posted by ぶんぐマニア at 2006年07月31日 23:58
ミルクと水をグラスの半分以上の同じ量を飲む。ミルクを水のグラスに注ぎよく掻き混ぜる。あいたミルクのグラスに半分注ぐ(^O^)
Posted by プリキュア at 2006年09月27日 22:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。