2006年07月27日

【問題336】火事にご注意

何年か前に、Webの記事に端を発した「もしも世界が100人の村だったら」という統計が流行りましたが(確かテレビ番組にもなってました)、こういった世界の統計を世界地図で表すというサイトがあります。
割合が大きいほどその国の面積が大きくなる、という見せ方になっていて、結構綺麗でぱっと見で理解できるので、見ていて楽しい感じです。

現在156の地図があって、1500年の人口とか(室町時代の日本は結構大きかったりします)、10代の母親の分布(インドが大きい)、失業者の数(日本は結構な存在感を示してます)とかあるので、ご興味ある方は是非どうぞ。
コチラから飛べます:PC用です。携帯の方はパケット損します)


【問題336】
タイゾー君は焦げくさい臭いと煙で目を覚ましました。明らかに火事で、身の危険が迫っていることを分かっていたにもかかわらず、タイゾー君は決してそこから逃げることはしませんでした。一体なぜだかわかりますか。

もちろん、タイゾー君は自殺を考えていたわけではありません。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:44| Comment(12) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハードボイルトだったのでその程度では動じなかった
Posted by 富樫 at 2006年07月27日 00:49
たとえば、校舎が火事で、
プールサイドで寝ていたから。
Posted by Y崎 at 2006年07月27日 04:18
辺りが地雷源で動くに動けなかった…とか
Posted by 蟹 at 2006年07月27日 10:14
たとえばホテルの火災で、部屋の外が燃えている。
こんなときは部屋から出てはいけません。
ドアの隙間などを、濡らしたタオルなどでふさいで、
自分も濡れタオルなどで口を押さえて、
室内で救助を待つ。
タイゾー君は基本を忠実に守ったので、
助かりました、とさ。
Posted by 孝太郎 at 2006年07月27日 10:29
プリズン収監ちうだったため。
逃げようとしなかったというより逃げられなかった。
居ることは分かっているので助けを呼んでも無駄ですね。
助けられるなら助けに来るし、無理なら来ないと思われます。
Posted by 甘えん坊将軍 at 2006年07月27日 10:41
全身麻痺か何かで病院に入院中だった。
Posted by 電柱 at 2006年07月27日 17:15
蘇生した時には既に火葬が始まって
いたため、あっと言う間に…。
Posted by 如何様 at 2006年07月27日 18:43
普通、周りが火に囲まれていたら、どんなやつでも動けない。
Posted by ノルウェー at 2006年07月27日 23:42
タイゾー君は消防署員で、消防署が火事になってしまったのではないでしょうか?身に危険が迫ろうと、逃げるわけにはいかないですよね。
Posted by koshin at 2006年07月28日 17:00
飛行機に、乗っていた。
Posted by かなりょう at 2006年07月28日 17:52
タイゾーくんは五体不満足なのでした。
Posted by タクラマカン at 2006年07月28日 19:11
シンプルに、タイゾ−君は生まれて間も無い
赤ちゃんだった、ですかね。

タイゾ−君はその後ご家族に助け出されたかも
知れませんが、自力で逃げるのはさすがに無理かと。

赤ちゃん(?)繋がりで。
管理人さんの息子さんとのエピソードが、どれも
ほんわかしていて好きです。
Posted by オガチ at 2006年09月01日 17:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21455809

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。