2006年07月12日

【問題332】二つのミサイルその2

インドでもミサイルの発射実験をやったようで(こちらはパキスタンに事前に通知はしていたようですが)、こっちも失敗だったらしいですね。

ところで、今、インド人を自国に呼ぶための最も有望な方法は自国でインド映画のロケをさせる、ということらしく、週に全世界の1700万人のインド人が見るインド映画の影響力はすさまじく、裕福なインド人は冬のソナタで韓国ツアー、どころではない勢いでロケ地めぐりをするそうです。

インド人というと数学的能力とかプログラミング能力に秀でている、という印象がありますけど、都庁あたりをロケ地にした映画を作らせて、優秀な人材集めに一役買うのはどうか、と思ってしまいました。


【問題332】
冷戦時代、アメリカの国防担当が上司にこのような報告をしました。
「ロシア(ソ連)とアメリカが互いの首都に向けて同時にミサイルを発射したら、ロシアのミサイルが先にアメリカに着弾することに気づきました」

ミサイルはどちらも全く同じ重さ、同じスピードで飛行し、飛行距離も全く同じだとすると、この国防担当はなぜそのことに気がついたのかわかりますか。



これは海外モノです。ところで、なんでこんな時間にUPしているかというと、今日から長期休暇をとっているからだったのでした(忙しい中すいません)。
ここ暫くは旅先からのUPになります。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 14:04| Comment(11) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ロケは名案ですね
Posted by 東急不買 at 2006年07月12日 14:22
1.地球の自転の影響

2.偏西風等の恒常的に吹く風の影響

3.そもそも首都にミサイル発射基地はないので、互いの首都までの距離が全く違う


あ〜!落ち着いて考えると、弾道ミサイルなんてほとんど大気圏外を飛ぶ(よーな気がする)から2はないですね。3も問題文に同じ距離って明記してあるし…1かな?
Posted by すも at 2006年07月12日 14:56
偏西風の影響ですね。
航空機でも西から東と、その逆では、
所要時間に差が出る。
Posted by 孝太郎 at 2006年07月12日 18:04
時差。
Posted by 疾風徐林 at 2006年07月12日 21:31
ロシアのミサイルは全長がめちゃめちゃ長かったので、その差。
Posted by GARI at 2006年07月13日 01:19
速度と航続距離が同じ時点でどちらが先に着弾ということはないですね。(北極圏を飛ぶから偏西風も関係なさそう)
すると時差くらいしか思いつかないですね。
Posted by 橘 at 2006年07月14日 06:44
子午線超えますよね。
Posted by 丼 at 2006年07月14日 09:15
地下と陸上で発射した場合陸上からの方がミサイルの全長分だけ有利。
Posted by 如何様 at 2006年07月14日 21:51
でてないので一応。
アラスカから打てばいいのでしょう
Posted by あれま at 2006年07月23日 00:16
「飛行距離が一緒」・・・
Posted by あれま at 2006年07月23日 00:17
日付変更線でしょう
飛行所要時間は同じでも着弾した日付が一日違う。
Posted by 旅する西海岸 at 2006年08月08日 01:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。