2006年06月07日

【問題320】栞(しおり)の問題

何かいわれはあるんでしょうが、学校の校則で思わず笑ってしまうようなものがテレビで採り上げられたりしています。書籍を見てたら、世界の法律でも変なのがあって、ちょっと笑ってしまうものがありました。

イギリスの法律:
牛を飼っている人は酔っ払ってはいけない

アメリカアラバマ州:
目隠しして車を運転してはいけない

アメリカテネシー州:
投げ縄で魚を捕るのは禁止


なんだかそういういけない事をした人がいたっぽい感じです。投げ縄で魚を、っていうのは、逆に捕れるところを見てみたいです。


【問題320】
読書好きのタイゾー君が栞(しおり)を持っていないという話を聞きつけた文房具屋の店主が、一つ1万円する栞を買わないかとタイゾー君に持ちかけました。
その栞は十分1万円の価値があり、タイゾー君もその必要を感じていて高くない買い物だったのですが、タイゾー君の読んでいる本を見た途端、店主は売るのは無理と退散してしまいました。さて、なぜ店主は無理だと思ったのかわかりますか。


この問題の元ネタは海外モノです。タイゾー君はもちろん本を折ったりせずに綺麗に読んでいました。


狼少年さま>回答遅れててすいません。なかなか時間がとれず、そのうち挽回します。
ところでヤフーの検索窓で、「頭のいいひとはエロい」と検索するとココが一番上に出てくるという事を今日はじめて知りました。どういうロジックでそうなってるのか知りませんが、笑ってしまいました。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 01:12| Comment(16) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
栞のサンプル集
Posted by 丼 at 2006年06月07日 09:18
タイゾー君が読んでいたのは、動物保護に関する本。
しおりは、希少種の動物の皮で作った、珍しいものだったのでした。
Posted by 孝太郎 at 2006年06月07日 09:25
あまりにもタイゾーくんの読んでいる本が巨大だったから。

例えば、閉じた状態で2畳分の大きさあり、紙も厚めの上質紙だったため、あまりの重さに1枚ずつしかめくれないものだったのです。
ですから、タイゾーくんも前回読んだところをそのまま開いておく様にしていました。

本を閉じないでいると、家が2畳分狭くなりますから、タイゾーくんもしおりがあれば欲しいと思っていましたが、文房具店の店主は、一度閉じてしまったら、そのページに行き着くまでに大変な労力がかかるので、結局しおりは使わないだろうと思った。

とか・・・・・?
Posted by あらい at 2006年06月07日 16:30
偽札のつくり方の本でした
Posted by 義 at 2006年06月07日 19:21
絵本かな??
でもタイゾー君は必要性を感じているんですよね…
Posted by 文系女 at 2006年06月07日 20:24
辞書?
Posted by at 2006年06月07日 21:04
節約の本かな?
栞を買うより1万円をはさんだほうがいいとタイゾー君は思うと思ったから。
Posted by ボア at 2006年06月07日 21:07
速読の仕方のマニュアル本?今は栞の必要があるけど読み進めていくと速読をマスター出来るので栞はいらなくなっちゃうとか
あとは昔あった選択肢のあるゲーム本?Aなら5ページへBなら15ページへ進むとか書いてある(知ってる方いらっしゃいますかね?)あれなら栞は必要そうですが1枚じゃあ足りませんから...でも海外にあるかはナゾです。
Posted by よっぽん at 2006年06月08日 00:13
携帯電話で読む小説、本だった。
Posted by ケイジ at 2006年06月08日 09:12
とてつもなく小さい本で栞の挟みようがなかったから。
Posted by だいきゅう at 2006年06月08日 12:42
紐のついてる本だったとか?
でもそれだと必要性感じないかも。
孝太郎さんの答えや、辞書がそれっぽい。
Posted by 絢架 at 2006年06月08日 12:57
「悪徳文房具屋から身を守れ」ってゆう、本。
Posted by 連隊長 at 2006年06月08日 18:03
ネバーエンディングストーリーと言うのはいかがですか?10分1万円の請求ですが、この物語には終りがないので請求不可!!
Posted by S子 at 2006年06月20日 17:02
タイゾー君は、図書館で借りた本を
読んでいた。

間違って、栞を挟んだまま、返して
しまったりしたら、損だから。

大体、栞なんて、高価なものである
必要ないしね。
Posted by ビシバシ at 2006年08月24日 21:41
同じ品質の栞がより安価な価格とともに本に掲載されてた。
Posted by sepo at 2006年09月10日 02:52
巻物だった。
Posted by なのだ at 2008年02月23日 20:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18934019

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。