2006年05月27日

【問題316】地獄のヘルメット

書籍は売れなくても返品が可能な商品で(今映画が公開されている「ダヴィンチ・コード」の原作文庫は例外的に買取だったらしいですが)、新刊やベストセラーは販売力のある大手書店に偏って入荷されます。そんなふうなので、地方の本屋などにはベストセラーが数冊とか、または全く並ばないなんてことがしょっちゅうあります。

以前住んでいた所の近所に、いい年をしたご主人がやっている小さな本屋がありました。で、この店の売れ筋のジャンルって何ですか?と聞いたら、マンガとエロ雑誌と即答されました。少年ジャンプとかの少年誌は既にコンビニに奪われていたのでした。

それから暫くしてその本屋に行ったらなんと改装されていて、店の半分が真っ白になっていました。驚いてそのご主人に聞いたらこんなことを言っていました。
「これからの本屋は特徴がないとダメなんですよ。そんなわけで、店の半分を宗教本にしました」

よく見たら真っ白いものは和紙で綴られたお経の大群だったのでした。こんなに種類があるのか、とか、どうやって仕入れたのか、とか、いろんな意味で新鮮でした。その後この本屋がどうなったのかは引っ越してしまってよくわからないのですが、あれでやっていけたら大したものです。

ところで、なんでその時私がエロ雑誌しかないような本屋にいたのか、は、良く覚えていないということにしておいてください。


【問題316】
第一次世界大戦当時、イギリス軍の兵隊は頭に帽子をかぶっていました。頭に負傷を負う兵隊が多いことに気がついたイギリス軍は、帽子の代わりにヘルメットを支給することにしたのですが、負傷者は帽子のときよりも逆に増えていったそうです。なぜだかわかりますか。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:43| Comment(11) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
帽子を被った状態で頭に被弾して戦死する人が
ヘルメットにより怪我で済むようになったから。

ということだと思います。
Posted by mario at 2006年05月27日 09:08
蒸れて熱中症とか?
Posted by 涼 at 2006年05月27日 09:31
「まほうのちょきんばこ」の連隊長様のコメントとfakerholic様のバスルーム回答拝読させて頂きました

一周年おめでとうございます(≧▽≦)ノ一周年目の月にここにアクセス出来たコトに喜びを感じつつ今回の回答を と思いきやmario様と回答かぶってました!!無理やり別の回答するなら

@ヘルメットっぽいカツラだった
A支給されたヘルメットの内側にエロ雑誌屋さんの地図が載ってたので外して見ちゃった☆生死をかけたエロ街道に男の人の 生き様を感じます
Posted by よっぽん at 2006年05月28日 00:47
今でもあるのかな?特撮ヒーローの変身ヘルメットを至急された。それで強くなったとゆー思い込みが生まれ、特攻隊みたいなのが増えた。
Posted by いりす at 2006年05月28日 01:24
予算が足りなかったので、ヘルメットの素材がダンボールだった。
Posted by 丼 at 2006年05月28日 13:31
本物の武器での「たたいてかぶってジャンケンポン」流行。
Posted by 連隊長 at 2006年05月28日 15:05
1周年おめでとうございます。

より危険な攻撃をする兵士や命じる上官が増えた。
Posted by 疾風徐林 at 2006年05月28日 17:44
イギリス兵士の弱点が頭部にある「イギリス兵氏ぶくろ」にスペシウム光線を当てることだと敵軍に知られてしまったため、頭部への攻撃頻度が以前より圧倒的に多くなったから。
Posted by 丼 at 2006年05月28日 20:41
ヘルメットのサイズや固定具が緩めに作ってあったために、ずれて視界が遮られてしまい、ミスが続出した。 と言うのはどうでしょうか?
Posted by 電柱 at 2006年06月01日 22:27
"No helmet, go to hell"
Posted by ※パキスタンで見かけた警告(?)です at 2006年08月03日 08:23
工事現場とかで使ってるヘルメットは物が落ちてきても頭にワンクッション衝撃が逃げるように作られてるけど、それがないから余計に頭に物+ヘルメットで衝撃が増えたから…?
Posted by RIO at 2006年12月04日 00:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18420087

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。