2006年05月06日

【問題307】使えない刀(カタナ)

ここ何年かの間で、仕事の会合の終わりに握手をする方(日本人)に何人か会ったことがありますが(どの場合も、始まりはお辞儀で終わりに握手と、なんとなく親密さに応じて使い分けている感じです)、最近のアメリカでは握手ですら堅苦しいと考えられているようで、「頬へのキス」が定着しつつあるそうです。

私もよく知りませんが、「頬へのキス」は欧州では一般的な習慣(さすがラテン系)なのに対し、どうもアメリカではためらいがあるらしく、急に定着してきたキスに対して、「本当のキスになってしまわないよう:-)」対策を考える人が増えているらしいです。

なんだか若い頃に思い悩んだ「初めてのキス」を思い出させるような話で、ちょっとほほえましく思ってしまいます。(鼻は当たんないの?とか、目は開けておくものなのか?といったものです)

ところで握手で堅苦しいならお辞儀はもっと他人行儀です。日本人もフォーマルな場でキスなんかしたりすると結構格好いいと思うんですが、誰か旗振って推進してくれないもんでしょうか。
私は自分からはやれないですが、仕事の場で求められれば積極的に受け入れます。(相手はもちろん、できれば女性の方がいいです)



【問題307】
軍備を進めている某国が、自国の工場に次のような条件の刀(カタナ)の生産を指示しました。

(1)日本刀のように刀の刃の部分が全て鞘(さや)に収まっていること
(2)鞘(さや)から刀がきちんと出し入れできること
(3)オリジナルのデザインであること

これを受けた工場はこの全ての条件を満たした刀を生産し、納入したのですが、実戦ではこの刀は全く使えなかったそうです。刃は切れ味抜群だったのですが、一体なぜだかわかりますか。



この問題はいくつかバリエーションがあります。ちょっとひらめきが必要かもしれません。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 02:13| Comment(14) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よー
Posted by 工場の人は日本刀に全く知識が無く、尚且つ軍事目的である事を知らなかったため、髭剃りに近い物を造ってしまった。 at 2006年05月06日 02:57
刀が長すぎた
Posted by dx at 2006年05月06日 03:12
刀のカーブが丸まりすぎてて出しづらい…
Posted by 富樫 at 2006年05月06日 09:22
持つ所、柄が無かった?
Posted by よー at 2006年05月06日 13:24
逆刃だった
Posted by 殿様 at 2006年05月06日 15:39
オリジナルのデザインということで、柄をつけなかった
Posted by 鬼 at 2006年05月07日 12:59
刃が激しく短かった…とか
刃が激しく柔らかい…とか
お笑いゴルフ対決のクラブ選びみたいですね
Posted by 蟹 at 2006年05月08日 08:30
刃を通常と反対側、峰につけてしまったから。
Posted by 孝太郎 at 2006年05月08日 11:46
らせん状の形(コルク抜きみたいな)の刀を作った
Posted by HUB at 2006年05月08日 20:10
安全対策のため、鞘に厳重なロックがしてあり、
抜刀するための手順が複雑になったため。

日本ではあり得るかも知れません・・・。
Posted by 丼 at 2006年05月09日 07:32
まあ、銃撃戦だった
Posted by 連隊長 at 2006年05月10日 12:24
「刃」を「歯」と聞き違えた。
Posted by いりす at 2006年05月22日 23:33
肥後守?
Posted by IB at 2006年12月10日 18:07
エイッ(`・皿・ナ→(°ロ°)ハワワ
(`・v・ナ(°°)……アレッ

magic knife...
Posted by konya at 2015年03月30日 05:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17440505

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。