2006年04月11日

【問題297】笑いのツボ

いやお疲れ様でした。なんだかバタバタと、あまりゆっくりもできていない最近です。こういう時は得てしていいモノはできないと思いつつ、それでも2日も空けてしまったのが気がかりで、PCに向かってしまいます。

ここ数日、通勤の電車の帰りに「ウルトラ・ダラー」(著:手嶋龍一)という、北朝鮮が秘密裡に精巧なニセ米ドル紙幣を印刷している、という内容を軸にした小説を読んでたら、紙幣にICチップを埋め込むなんて話が出てきてちょっとびっくりしました。いや、この前そんな話題を書いたので、そうか、この程度の話は結構いろんな人が考えてるのかもしれない、とつらつら思ってしまいました。

そうなると本当に日本の紙幣には・・・?


【問題297】
タイゾー君と5人の友達で一緒に最新のDVDを観ることになりました。そのDVDの内容はコメディだったのですが、タイゾー君だけ他の人と笑うシーンやタイミングが違うことに気がつきました。
タイゾー君の笑いの感覚が特に他の5人と違わないとすると、一体なぜだかわかりますか。


いやもう、簡単ですいません。秒速回答ですね。ではもう寝ることにします。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 01:25| Comment(7) | TrackBack(1) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
字幕版でタイゾー君だけ原語で笑ったってことですね。
映画館でやってみたいとは思うのですがムリ。
Posted by Dai at 2006年04月11日 02:04
タイゾー君はその映画の作者で内容を知っており自分の狙った笑い所で
友人がウケているか、視聴者の反応に一喜一憂していた…なーんて…。
Posted by 蒼月 at 2006年04月11日 02:25
個人的には、皆が原語で笑っていて、
タイゾー君だけが字幕で笑っているに一票。
Posted by 丼 at 2006年04月11日 08:16
笑いのツボが著しくずれている珍しいお方だった…とか
Posted by 蟹 at 2006年04月11日 09:56
しかも字幕が監督によるコメンタリー解説になっていた。
Posted by 連隊長 at 2006年04月11日 12:29
みんなは嫌いな主演のケー泉氏が弁解してるシーンで笑い、タイゾー君は大好きなケー泉氏の敵対団体の失敗を見て笑ったから。
Posted by あんだんて at 2006年04月12日 18:32
タイゾー君は先に一回見て落ちがわかっていたので先に笑ってしまった。
Posted by 英心 at 2008年03月24日 00:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16409489

この記事へのトラックバック

手嶋龍一氏を巡る噂の真相
Excerpt: 元NHKワシントン総局長手嶋龍一氏がフリーになって民放テレビの報道番組に出るようになった。しかし、彼に関して見聞きした噂はあまり芳しいとは言えない。
Weblog: 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
Tracked: 2006-04-26 23:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。