2007年03月03日

【問題418】三人の会話

アル・ゴアの「不都合な真実」を出すまでもなく地球温暖化が肌身に感じる今日この頃です(明日は都心で18度(!)まで気温が上がるようで)。

この「地球温暖化」、自然環境以外にもいろいろと影響を与えているらしく、ロシアでは記録的暖冬で、来るはずの寒波や降雪がないので、うつ病・ビタミンD欠乏症になる人が続出してるとか。人間ってどんなに厳しい環境でもうまく適合して生きてるというのがよくわかります。

そんな中、ノルウェーではとんでもなく大規模な計画が動いてます。北緯78度に位置するスピッツベルゲンという島に、深さ120mの壕を建設、そこに世界中の食用植物の種を保存(!)しようという試みです。
ここでは冷凍装置が壊れても永久凍土で−18度に保たれ、何より南極・北極の氷が溶けても沈まない位置にあります。さながら植物版ノアの方船です。

今から数100年後、飛来した宇宙人がすっかり海没した大陸にあって様々な木々が生い茂っている北の大地を発見したら何を思うでしょう。地球人は愚か?それとも賢い?



【問題418】
三人の男が会話をしています。ところが、話の内容を全て理解しているのはその中のたった一人だけでした。なぜだかわかりますか。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 23:05| Comment(90) | TrackBack(2) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。