2006年12月03日

【問題390】蚊とラジオとクレームと

あの有名な物理学者、ホーキンス博士が英ロンドンのBBCラジオに出演して、人類は将来、他の太陽系のある惑星に入植すべきだと語ったそうです。

惑星衝突とか核戦争で人類が滅亡の危機にさらされる可能性があるので、他の惑星に入植することで人類の安全(種の保存?)を図ることができる、と言ったらしいですが、ここまで壮大な話だと普通は与太話で聞いてしまうものが、このくらい有名な人が言うとなんだかリアル感あって、そうだよな、やっぱり人類は宇宙に行くべきだよな、と思ってしまうのが不思議です。

一方で博士は同じ番組内でこんなことも言ってます。
但し、従来の化学燃料ロケットで入植に適した惑星に辿り着くまでには、5万年(!)はかかる。

じゃあ、どうしろと仰るんでしょうか、博士。


ガンダムでは、宇宙に進出した人類の主力兵器が、宇宙戦艦でなくモビルスーツというロボットになった理由として、確かミノフスキー粒子という通信障害を起こす架空の粒子を説明に使ってました(本当の理由はもちろんロボットアニメを希望するスポンサーの意向だったと思いますが)。
博士は実は画期的な新理論とか新物質の存在を予想していてこんな事を言ってるのか、それとも、だから人類は滅亡するしかないんだよ、と、おっしゃっているのか・・・?



【問題390】
ある夏の日、ポーランドのラジオ局が、蚊を人間に寄り付けなくするためのアイディアとして、実験的に蚊が嫌う音をラジオ放送で流しました。この音は雑音程度のものだったのですが、放送後この放送局には山のようなクレームが届いてしまいました。なぜだかわかりますか。



これ、実話です。アイディアはとても面白いんですけどね。
ところで約1年前に、アメリカ感謝祭翌日の金曜日をブラックフライデー、感謝祭明けの月曜日をサイバーマンデーといっている、と書いていましたが(なんでそう言うのか詳しくはこちらをどうぞ)、今年になって、サイバーマンデーの方はブラックマンデーと言いかえられてるようです。

まあ、インターネット通販はまだ歴史も浅いので言葉がまだ定着していないのかもしれませんが、ブラックマンデーといえば一般的には1987年の世界的な株の大暴落のことを指しているので、心情的にこの名称はやめて欲しいと思っている人もいそうな感じです。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 23:47| Comment(22) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。