2006年11月27日

【問題387】専制君主の思惑

あの自動車メーカー、ホンダ社は何故かグループ企業で大豆の輸入をやってます。最近流行りのエタノール車(アルコールで走る車)の燃料のため?いや、それが国内の豆腐メーカーを対象としたれっきとした販売用で、アメリカから輸入し、利益も出しているようなのでした。

これについて面白い記事があります。北米生産に最も早く着手したホンダは、部品の大部分を日本から送る必要がありました。行き(輸出)のコンテナは部品で満載でも帰りは空っぽ、これを何とかしたいと思った輸送子会社が、帰りも満載にしようと大豆を輸入し始めた、というのが始まりのようです。
今ではオリジナルの品種(「珠美人」というブランド大豆らしいです)も開発し、自前の大豆用の工場まで持ってるらしいですが、ちょっとした発想で道を切り拓く、というのは面白いです。大豆のかわりにエタノールの材料(穀物)を輸入するようになれば、ひょっとしたら相乗効果すら生まれそうです。

最近はどうかわかりませんが、タンカーは行きは海水を積んで、帰りに原油を運んでくる、という話を聞いたことがあります。あれもちょっと工夫するととんでもなくいい商売が生まれるかもしれない、と思ってしまいました。



【問題387】
中世の頃、ある王様が一人の職人に仕事を依頼しました。その仕事は世界一のものをつくるというもので、職人は何ヶ月もかけてようやく作り上げたのに、完成した途端に職人は牢屋に閉じ込められてしまいました。
王様は出来映えには満足しており、また、代金の支払いを渋ったわけでもないのですが、一体なぜだかわかりますか。



簡単ですね。ところでこの前、シンガポールがいかに規制されている国か、という話を書いていましたが、先日、シンガポールから転勤で帰国した方と飲む機会がありました。かの国ではクレヨンしんちゃんをテレビ放映してるらしいんですが、しんのすけがお尻を出してウロウロするシーンになると、その間砂の嵐にして見せないようにしているらしいです。
おおシンガポール、そこまでやるか、という感じです。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:45| Comment(7) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。