2006年10月30日

【問題376】二人のダリ

ちょっと前のネットニュースに、仏ジュルナル・デュ・ディマンシュ紙が、パリを訪れる日本人観光客のうち、毎年12人ほどが心理的な治療を要する「パリ症候群」に陥っている、という記事を掲載したことが出てました。

確か何年か前にも話題になったような気がしますが、日本大使館を通じて帰国する日本人の中には「ホテルの部屋が盗聴されている」「陰謀に巻き込まれている」、更には「自分をルイ14世と信じ切った男性」や「電磁波で攻撃されていると思い込んだ女性」などがいた、らしいです。

ネットで調べてみると、これ日本人特有のものらしく、どうもかの国の個人主義にカルチャーショックを受けるところから始まるようです。「パリ症候群」となってしまった方にはお気の毒ですが、こんな話を聞くと、知人がパリにいたりすると心配になります。


私の知人に彼女が渡仏したという男がたまたま二人いて、一人は10年ほど前に、もう一人は1年半前に彼女を空港で見送ってましたが、二人には共通点がありました。
どんな共通点か、というと・・・どちらの彼女も現地在住の日本人と付き合い始め、数ヶ月でフラれてたのでした。ひょっとしたら個人主義に疲れた時期に同郷の存在は結構頼もしく映る?のかもしれません。
(二人目の方、当時学生だったんですが、もう未練なんかない、ということを延々と言い続けていたので、ちょっと微笑ましく思ってしまいました。)



【問題376】
サルバドール・ダリが死去したあと、その弟はシュールレアリズムの画家として有名になり、天才の名を欲しいままにしました。弟の名前はダリで、生涯名前を変えていません。にもかかわらず今日、ダリは1人しかいないと考えられており、その上兄弟がいることを知っている人もほとんどいません。これらの事実を説明できますか。



ちょうどサルバドール・ダリ生誕100周年記念の回顧展をやっているようなのでこんな問題をもってきました。でもよくみるとダリが生まれたのは1904年らしいので、今年は102周年なのでは?

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:30| Comment(5) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

【問題375】ニュートンのパズル

Yahoo!やGoogleで「20歳未満」と検索すると最初に表示されるサイトはどこでしょう。

これ、わりと知られている話だと思いますが、実はどちらで検索してもヤフージャパンのサイトが一番上に表示されます。ヤフーはもちろん20歳以上を対象とした検索結果も表示しますし、そんなコンテンツも持ってます。では一体なぜ?

実は検索エンジンは表示順位を決める要素の一つとしてテキストリンクをみています。例えばいろんなサイトで「首相官邸」というテキストで官邸サイトへのリンクが数多くあったら、検索エンジンは「首相官邸」という言葉は官邸サイトと強い関連があると理解して、「首相官邸」で検索した際に官邸サイトを上位に表示する、といった具合です。

じゃあなんで20歳未満がヤフーなのか?ここでアダルトサイトが出てきます。数多くあるアダルトサイトのほとんどが入り口で20歳以上か20歳未満かを訊いていて、20歳以上をクリックすると中に進めますが20歳未満だと多くの場合ヤフーにリンクされてます。
そう、このアダルトサイトの膨大な「20歳未満」→「ヤフー」のリンクを検索エンジンが解析していて、一見関連のないように見える「20歳未満」でヤフーを一番目に表示しているのでした。


ブロガーの方の中にはもちろんこんな事はご存知で、SEO(検索エンジン最適化)されている方も多いと思われます。Blogは元々検索エンジンで上位表示されやすい構造ですが、この話を応用すると更に検索エンジンで上位表示させる方法をとることもできます。その方法は・・・もうお分かりですね:-)



【問題375】
ここに9本のリンゴの苗木があります。これらの苗木を、次のように並べて植えることができますか。
・10列植えること
・どの列にも苗木が3本並ぶようにすること



この問題、あの万有引力の発見者、アイザック・ニュートンが作ったとされるパズルが元ネタです。純粋なパズルですが、ニュートンなだけにリンゴの木にしてみました(でも解けてコメント欄に書こうとしても図形だと難しいですね)。
ところで、先日「MYST」(というゲーム)を話題にしていましたが、今日いそいそと家電量販店に行ったら発売日延期ということで売ってませんでした(折角仕事を抜け出して行ったのに・・・)。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

【問題374】二人の気象予報士

PC用のゲームに「MYST」というシリーズもののゲームがあります(一部ゲーム機用にもリリースされてます)。
ご存知の方も多いと思いますが、これ、現代と全く異なる世界に行っていくつもの謎を解いていくアドベンチャーゲームで、絵(グラフィック)が独創的で綺麗なのと、この謎というのが全て合理的に説明できるパズルになっている、というのが特徴です。
で、パズルが解けるとドラマチックな展開が待っていて、ドラクエとこれだけは必ず買う、というぐらい私のお気に入りのゲームでもあります。

なんでそんな話が、というと、このシリーズの最新作(で最終作)の5作目が出ていたのを昨日知ったからなのでした。なんだかもう、仕事どうでもいいから早くやらせろ、という感じです(ご興味ありましたら是非どうぞ。私は二作目のRIVENが一番ロジカルな感じで好きです)。


ゲームというと、流行のオンラインゲーム「セカンドライフ」が日本に上陸というニュースがありました。このゲーム、基本的に生活の全てを(擬似的)にオンライン上でできる、というもので、日本版がどうなるのか知りませんが、実は擬似的にあんなことやこんなこともできたりするようです。
遠距離カップルにはちょっといいかも、という反面、多分爆発的な人気を呼ぶと思われるので、最近のSNSのようにナンパや犯罪の温床になりそうな感じも。



【問題374】
激しく雨が降る真夜中に、二人の気象予報士が会話をしていました。
ヨシズミ君「この天気は次の満月の日まで続くと思うよ」
フクイ君「私は今から96時間後に太陽が輝くことはないと思うね」
実は二人のうち、どちらかは確実な予測をしています。それがどちらかわかりますか。



これ、類似の問題をいくつか見かけます。簡単ですね。
ところで、ちょっと前までの流行語が「想定の範囲内」だったのに、最近だと「想定外」です。そんなに間が開いているわけでもないのに内から外へ、まるっきり反対というのはちょっと面白いです。

#と、ご指摘ありましたとおり、「想定外」ではなく「予想外」でした。やっぱり眠いとダメですね。。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:02| Comment(21) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

【問題373】窓とドアの違い

国の面積を増やすのに、他国の土地を買う(アメリカがアラスカを買ったとか)、とか、侵略戦争で国土が拡大した、とかいうのはありますが、35年前と比べて、別の方法で国土の面積が約140%も増えている国があります。

元々面積が小さくないとこんなに大きな割合にはならないので、小国だろうと見当はつきますが、実はこれ、シンガポールの話です。
シンガポールは、ちょうど大阪府が関空ができたおかげで面積最小の都道府県でなくなったように(これ、このブログのどこかに書いてます)、他国から土砂を輸入して埋め立てで国土を増やしているのでした。

シンガポールというと(最近やっとガムはOKになったらしいですが)花火はだめ、地下鉄内の飲食禁止、自宅内で裸で歩き回ることの禁止(誰が見るの?)、金紙に包まれたコイン状のチョコレート禁止(???)etc、とまあ、突っ込みどころ満載の管理国家で有名ですが、手狭な国土だけはいかんともしがたいようです。

そのうち交通の要衝、マラッカ海峡を他の島と地続きにして運河で儲ける気?と思ってしまいました。個人的にはこういう国、仮に仕事ででも行きたくありません。



【問題373】
命の危険がある緊急事態が発生し、アベ君が急いでレスキューに電話をしたところ、ドアは開けずに窓を開けるよう指示を受けました。それを聞いたアベ君はまず窓、それからドアを開けようとしたのですが、残念なことにアベ君は命を落とすことになってしまいました。一体何があったのかわかりますか。



明日はまた月曜日、忙しい方もサボり上手な方もそれなりにいきましょう。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:18| Comment(11) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

【問題372】アベ君仮病で入院する

ヒットする曲の共通点って何でしょう。そんなのわかれば音楽プロデューサは苦労しないんでしょうが、最近になって発売前にこの曲は売れるとか売れないとかが結構わかるようになってきた、という、ちょっと興味深い話を見つけました。

ではどうやって?実は統計解析を使い、過去の大量のヒット曲を音響とかテンポなど30ほどの要素に分解してデータベース化し、売りたい曲と構造を比較することで売れるかどうかを判断する、ということをやっているようです。
で、結構これが当たるらしく、50セントの「キャンディ・ショップ」やジェイムス・ブラントの「ユア・ビューティフル」(これ、結構好きでした)などのヒット予測もしました。

ヒットするかどうかは人間の感性の問題、のはずだったのが、とうとう音楽まで数値化され比較される時代になってきた、というのはちょっと面白いです。

ここで2つほどアイディアが。これから歌手デビューを目指す方は、解析ソフトの裏をかきましょう。どこかでこれを入手して(どうやって?)、売れると太鼓判を押してもらえるまで試行錯誤で曲を作れば、もうスターの道まっしぐらです。

もう一つは結構ビジネス寄りです。売れるといっても言葉の壁がある日本ではある程度限界があると思われます。このビジネスをやっている会社は世界でたったの2社、日本人の感性を取り入れた、このサービスの日本語版をつくれば結構儲かると思うのですが、どうでしょう?(解析、是非私にやらせてください:-P)


【問題372】
アベ君はケガや病気でない元気な体なのに一週間病院に入院し、退院の時には大事に搬送されて出て行きました。アベ君は人間ドックに行ったわけではなく、もちろん生きたまま退院したのですが、なぜだかわかりますか。



私自身学生の頃、医学部の実験で絶食のバイトというのをやったことがあります。3日入院したんですが食費がかからない上に一日2万円(!)ももらえました。この時確か6kg痩せたんですが・・・3日で戻りました。
で、この問題、「絶食のバイト」というレアな回答ではありません(別にそれでも構いませんが):-)


友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:49| Comment(9) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

【問題371】エレベータと遅刻

ディズニーランド関連で立て続けに二つほど記事が出てました。

一つ目は結構真面目で、アメリカ内のディズニーランドでは、子供の肥満予防のため、レストランでの子供向けメニュー、お菓子に含まれる脂肪や砂糖の量を自主的に制限するというもので、もう今月からフライドポテトや炭酸飲料の提供をやめるんだそうです。

もう一つはちょっと不真面目です。ディズニーランド・パリの従業員が、ミッキーマウスやミニーマウス、グーフィーなどの着ぐるみを着て性行為の真似をしたものをネットに流しました。これがバレて「しかるべき対応をとらされた」というものです

どっちにもウォルト・ディズニーのブランドを守ろうとする強い意志を感じます(まあ、二つ目の方は面白いんだからこのくらい大目に見たっていいじゃん、な感じです)。

ところで、ミッキーマウスが最初に公開されたのは1928年、当時の米著作権法では著作物の保護期間は56年だったので、本当は1984年には誰もが(!)堂々と(!!)ミッキーマウスを使えるはずでした。これがミッキーマウスの著作権が切れそうになる度に2回も(!!!)改定され、今では保護期間95年、誰もがミッキーマウスを使えるのは早くて2023年となってます。

これ、ウォルト・ディズニーのブランドを守ろうとする執念が生んだカミカゼなのか、それともロビー活動と献金の賜物なのか?この調子だと永遠にミッキーマウスはディズニーのものっぽい感じです。


【問題371】
アベ君は超高層ビルの高層階にある会社とのアポイントで、そのビルのエレベータホールまでやってきました。遅刻しそうだったので急いでいたのですが、エレベータが到着して一旦乗り込んだものの乗らずに出てきてしまいました。乗るエレベータを間違えたわけではなく、また故障でもなかったのですが、なぜだかわかりますか。



最近柄にもなく忙しくなってます。平日朝、たまたま早く起きてきた子供に、「あれ、今日パパいるの?」とか言われてしまい、なんだか家に帰っていないっぽく思われてます。。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 01:35| Comment(15) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

【問題370】世界で最も高価な車

いつ頃からあるものなのか良く知りませんが、ゲームセンターのメダルゲームにモノポリーを題材にしたものがあります。

モニタにモノポリーの盤(ボード)そのものがあって、サイコロがあるチェッカーにメダルが入ると、サイコロが振られてその数だけ進むんですが、ボードゲームと違って基本的に一人でやるので、どこまで1人で買い占められるか(=買い占めるほど払い戻しのメダルが多くなる)というゲームになってます。

で、刑務所というマスもちゃんとあって、ここに止まるとボードゲームと同様、ゾロ目が出ないと出られません。でもその間、(小額ですが)毎回メダルの払い戻しがあるようになってます。

これ、実際のモノポリーでもある程度進むと、刑務所は人に買い占められた土地をまわらずにすんで収入が増えたりするんですが、このあたり、このメダルゲームでもちゃんと考慮されてるように思えます。

こんな細かいこだわり、相当ファンな方が作っていそうな感じで、面白いと思ってしまいました。



【問題370】
今まで作られた車の中で最も高価な自動車は、売りに出されても誰も買わないだろうと思われています。その車は売りに出されれば多くの人が欲しいと思い、また中には購入するだけの十分なお金を持っている人もいるのですが−−−一体なぜだかわかりますか。




子供とボウケンジャーを観てたら、とうとう14号から18号機の新メカが出てきました。今度はロボットに変形する戦艦です。これがクリスマス商戦の目玉と思われますが、じゃあ今までの10台合体のロボット(アルティメット・ダイボウケン:子供がこんな言葉をスラスラと言うのもすごいですが)は何だったの?という感じです。もうこれ以上は買えません。。

ボウケンジャーはすすめない
posted by fakerholic at 00:44| Comment(12) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

【問題369】入国フリーパス

実感はないですが、今回の日本の景気拡大期間が過去最長のいざなぎ景気を抜くことが確実らしく、名前をどうしようか、という話が出てるようです。

経済成長を鈍らせている要因にはどんなものがあるか、トルコ経済・社会研究基金という機関が三年にわたって調査をした2003年の報告書には、とんでもない結論がでてます。トルコ経済の成長を遅らせている要因は?それは「便秘(!)」らしいのでした。

同機関は、被験者の49%が便秘でトイレに週35時間こもっているなど、便秘は国家的問題だ、と報告しています(一日あたり5時間?本当に?)。実はちょうどこのとき、(間が悪いことに)世界銀行の副総裁がトルコのイスタンブールを訪れていて、この報告書に触れざるを得ないことになってしまいました。
世界銀行副総裁曰く、「便秘は投資環境を悪くし、競争を不健全なものにし、成長を遅らせ・・・」

国のメンツをたてるため、ああ、権威ある副総裁は便秘とそれが経済に与える影響についてコメントしたのでした。いろいろと立場的に大変そうですが、かくして便秘が経済に悪影響を及ぼすことはお墨付きとなったのでした。


【問題369】
スイスのアルプスに旅行に行った日本人のアベ君は、帰りはパスポートを一度も提示することなく日本に戻ってきました。なぜだかわかりますか。



別にアルプスでなくてもいいんですが、簡単ですね。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 01:18| Comment(9) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

【問題368】公共機関とペットの関係

朝から号外が配られていたので手にとって見てみたら、北朝鮮の核実験についてのものでした(恥ずかしながらそれを見るまでそんなこと知りませんでした)。

今回の実験、実は失敗なんじゃないかとかいろんな情報が飛び交ってますが、もし私が将軍さまだったら、成功しようがしまいが実験を繰り返し、少なくとも核を持っているフリをするだろう、と思ってしまいました。
威力が強すぎる兵器は実際には使えないので、実際に持っているのと持っているように振舞うことは(ちょうどポーカーのように)交渉上は大差ないように思えます(ばれたら一大事ですが)。

ところで、核実験を実施したという北朝鮮の金策市というところをGoogleEarthで見てみたら、質素そうな漁村があるぐらいでした。これ、軍事専門家とか見たら、いや、実はこれがこれで、とかわかったりするものなんでしょうかね。



【問題368】
アメリカのサンフランシスコ水道局は、ある重要な目的から、今後局内で魚を飼うことにしたそうです。それがどんな目的かわかりますか。



これ、最近本当にあった話で、そんなに難しくないと思います。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

【問題367】渋滞を呼ぶ男

宇宙人にとって、地球上で最もお気に入りの場所とはどこでしょう。それを調べるにはUFOの目撃記録が最も多いところを探せばよさそうです。

1997年にスコットランド政府観光局が調べた調査結果によると、スコットランドではUFOを見たという通報が年に300件以上もあって、過去も含めると1平方キロメートルあたり3万4個のUFOが発見されてます。
これ、第二、三位のフランスやイタリアの4倍以上も多くて、どうも宇宙人は他のどんな風光明媚な場所よりもスコットランドを愛しているようなのでした−−−

とまあ、こんな話まで観光資源にしてしまおうという魂胆みえみえのスコットランド関係者には頭が下がります。とはいえ客が来れば儲けもの、日本もこんなジョークな感じの町おこし、どこかやらないものでしょうか。


【問題367】
アベ君は今まで交通ルールを一度も破ったことがないのですが、アベ君が出勤で出かけると道路は必ず激しい交通渋滞になるそうです。一体なぜかわかりますか。



ここのアベ君は有名人ではありません。ところで昨日は子供の運動会で、雨上がりだというのにとんでもない日差しで参りました。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 01:04| Comment(12) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

【問題366】優秀なクラス

ドイツで、クイズにするとこんな感じのちょっと面白い事件が起きました。
(問題)
ドイツ警察の指名手配写真には、顔ではなく、女性の胸だけを写したものがあります。一体なにがあったのかわかりますか。

実は豊胸手術をした女性が1時間の術後に代金を踏み倒して逃走したそうで、当の整形外科医が資料として術後の胸の写真を警察に提出したのでした。
女性の下着の広告チラシは本当に見て欲しい女性だけではなく、男性も見てしまうので広告効果は半分だ、というのを何かで聞いたことがありますが、こんな指名手配写真があったら、写真と同じ胸を発見する確率はやはり男性の方が高そうだ、と思ってしまいました。

手術といえば、フランスで、世界初の無重力状態での手術に成功した、というニュースも出てました。こちらは将来的な宇宙での長期滞在に備えて、無重力状態(飛行機を使った急降下)での外科手術をやったらしいですが、こんなバクチのような手術に協力した患者は大したもんです。


【問題366】
校長先生が小学校で各クラスの授業を見回っていると、アベ先生が教えているクラスでは先生の質問に全員が手を挙げて、当てられた生徒は全員が正解を答えていました。
質問の内容はその学年が学ぶもので特に簡単というわけではなく、クラス自体も落ちこぼれから秀才までいる普通のクラスだったのですが、一体なぜだかわかりますか。




安倍総理はどうも教育改革をやりたいようですが、公立学校の選別が始まったら先生もうかうかしてられません。登校拒否する先生も出そうな気が。
ところで、10月に入ったら少しは時間ができるかと思っていたら、私らしくもなく徹夜とかしてしまい、UPが遅れてしまいました。明日は豪雨の次の日だというのに子供の運動会はやるらしく、ああ、場所取りが・・・


友達にすすめる
posted by fakerholic at 23:49| Comment(7) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

【問題365】偽札(ニセ札)の理由

「無能」な人とはどんな人のことをいうのでしょう?
手元にある(最近またはやりの)新明解国語辞典で引いてみると、「能力や才能が無いこと」とありますが、この無能とは具体的にどんなことをいうのか、科学的に証明した心理学者の話があります。

学者たちは、まず、被験者65人にジョークを聞かせてその面白さを判定させ、それをプロのコメディアンの判定と比較するということをやりました。(例えば被験者の中には、ジョークの面白さがわからないのに、自分はユーモアのセンスがあると思っている人もいたようです)

他にも実験を繰り返して出た無能の定義、それは次の3つを満たす者という結論になったのでした。

・仕事ができない
・自分の能力不足を認識していない
・他人の有能さが理解できない

ちょっと面白いのは「他人の有能さが理解できない」という点で、これ、無能な上司を持ったら、(本人はともかく)自分もいつまでも出世できない事になってしまいます。ちょっとでも心当たりがあるようだったら・・・見切りをつけるなら、今?


【問題365】
アベ君が1万円札で買い物をしたところ、そのお札が偽札(ニセ札)だということが判明しました。ただこのお札、日本銀行で正式の紙に正規の印刷がされ、もちろん透かしやホログラムもありました。一体、どんな偽札だったのかわかりますか。



これ、実話を題材にしています。こんな話が実際にありました。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 22:47| Comment(17) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。