2006年09月29日

【問題364】車の密室事件

つい最近、米Googleがメディアに対してGoogling(Googleを使って検索すること)という造語を使わないよう注意を呼びかけるという事がありました。自社のブランドが宣伝されるのになんでまた?と思っていたら、これに関するちょっと興味深い記事を見つけました。

googleという言葉は最初「Googleを使って検索する」という動詞として(スラングとして)使われていたのが、最近だとそれがsearchと変わらない、「検索する」という一般的な意味合いにまで使われるようになってるようです。
で、あまりに一般的な言葉になってしまうと、他社と自社を区別するのが目的の商標が意味を失い、Googleという商標を剥奪されて、その結果誰もがgoogleというブランドを使えるようになってしまう−−というのがGoogle幹部が抱いている懸念らしいのでした。

確か米Googleは今後提供する予定のものも含めて、自社ビジネスに関するあらゆる商標を取得済みだと過去に発表してたんですが、当時、まさかこんなことになろうとは夢にも思わなかったでしょう(まあ、Yahoo!やMSNと比べると確かに動詞として使いやすそうな言葉ではあります)。



【問題364】
アベ君はある女性と二人で車に乗っていました。アベ君が街中に停車してしばらく車を離れて戻ってくると、車の中には見知らぬ男が1人乗っており、なんとその女性は車の中で息絶えていました。
発見当時、車のドアは全てその女性の手によって内側からロックされており、その女性は自殺をしたのではなく、同乗の男性も加害者ではないことが判明したのですが−−−一体何があったのかわかりますか。



ちょっと推理小説ばりな話で、以前の問題とちょっと関連があります。日本ではあまり見ないので元は海外モノと思われますが、どれを見てもほぼこの設定ままなので、原典がどこかにありそうな感じです。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 01:37| Comment(8) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

【問題363】5人の大統領

世の中には面白い人がいるもので、あのイグ・ノーベル賞(いかに世間を笑わせ、考えさせたかを基準に贈られる裏ノーベル賞で、最近だとドクター中松氏が受賞してたりしました。Miss Sweety Pooの話などはこちらでどうぞ)を主宰しているマーク・エイブラハムズという人がかつてこんな研究論文を発表しています。

論文の表題は「ピーナッツ・バターが地球の自転に与える影響について」、共同研究者202人の共著となっていて、全員の名前が全て列挙された後、「ピーナッツ・バターは地球の自転に何の影響も与えない」の一文で終わっているのでした。

これ、(正式な論文と認められているとしたら)多分世界最短の論文だと思われます。一度はこんなのやってみたいです。



【問題363】
「初代から第5代の5人のアメリカ大統領のうち、3人が7月4日に死去しています」雑誌でこんな記事を見つけたアベ君は、コイズミ君にこの雑誌を見せながらこう言いました。
「この5人のうち、7月4日に死去した大統領を1人当ててみせよう」
雑誌には誰が7月4日に死んだのかの記載はなく、また、大統領に関する情報は一切知らなかったのですが、アベ君は見事言い当てることができました。なぜだかわかりますか。



友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:43| Comment(10) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

【問題362】ペンギンと冒険

毎日新聞のサイト(といっても今やMSNと一緒になっちゃってるんですよね)に、絆創膏(バンソウコウ)のことを何と呼ぶか、日本全国で調べた記事が出てました。
北海道では絆創膏のことをサピオ、東北ではカットバン、関東から東海、関西にかけてはバンドエイド、九州ではリバテープというらしいですが(本当に?)、商標がそのまま一般名になっているところが多いのはちょっと面白いです(サピオはちょっと通じない気も)。

私の出身地では「ばんそうこう」そのままとなっていて、確かに子供の頃からこう言ってたような気がします。とはいいながら独自の言葉も沢山あって、例えば病気でつらいことを「てきねぇ」、正座のことを「おちょきん」と言ったりします。(汚いところだと、ウンチのことを「あっぱ」といいます:-))

なんだか懐かしくなって思い出してしまいました。ところで、方言を直すには(別に直さなくてもいいと思いますが)、たとえ電話ででも同郷の人とはなるべく話さないようにするのがコツらしいので、このあたりで悩んでいたりする方は新天地での友達を増やすのがいいかもしれません。
(私は、たまに電車とかで出身地っぽい方言を聞くと嬉しくなったりします)


【問題362】
ペンギンのアベ君は、今、南極点からちょうど5km離れたところにいます。好奇心旺盛で変わったことが大好きなアベ君は、生きているうちに南極点に行ってみようと思い立ちました。ただ、普通に南を目指しても面白くないので、南極点に到着するまで南西の方角を進むことにしました。
これを聞いたコウテイペンギンのコイズミ君は、アベ君は馬鹿なことをするなぁ、と思ったのですが−−−さて、なぜコイズミ君がそう思ったのかわかりますか。



アベ君、いつの間にか総裁になってました。これから大丈夫?

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:36| Comment(8) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

【問題361】次の図形

スフィンクスが出したというあの有名な問題「朝に4本、昼には2本、夜には3本足となるものとは?」にあるように、古くは古代エジプトのパピルスに既に問題(なぞなぞ)が遺されていたということらしいです。

ナポレオンの時代、当時の数学者ロレンツォ・マスケローニという人がナポレオンに出したといわれている問題(パズル)もあって、それはこんな感じのものでした。

(問題)
中心点がわかっている円の円弧を、コンパスだけを使って4等分してください。

これはもう純粋なパズルというか算数的な問題で、そんなに難しくありません。ご興味あるかたは(ナポレオンになったつもりで)是非どうぞ。ナポレオンもこんなことに付き合わされて考えてる暇があったのかどうなのか・・・?


【問題361】
次の?にくる形は何かわかりますか。

問題361


これも簡単ですね。ところでここのところちょっと忙しくて回答編がたまりまくり&コメントも満足に拝見できていないんですが、10月に入ったら怒涛のUPをします(多分)。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

【問題360】3日で禁煙する方法

少し前の新聞に、小売などの売上を伸ばすための工夫を集めた連載があって、これがちょっと興味深いものでした。例えばこんな感じです。

あるラーメンチェーンは、値段や具材を一切変えてないのにギョーザの売上を10%以上伸ばしました。どうやって?実は高速調理器を入れて6〜7分かかっていた焼き上げ時間を1分半に縮めたんだそうで、客の待ち時間短縮と客単価のUPにつなげました。

日清食品の記事も載っていて、日本人が待つのに長くも短くもない時間というのは3分らしく、それでカップラーメンの待つ時間は3分になっているらしいです(ちなみにタイでは国民性に合わせて同じカップラーメンが1分で出来上がるそうです)。

サプライチェーンマネジメント(SCM:生産から小売まで通して管理することで無駄を省こうとする管理方法)とか、大変なコストをかけて工夫しようとしていたりする時世にあって、こういうちょっとした心理的な部分の工夫で利益を上げられるというのは面白いです。



【問題360】
タバコをやめようと思っていたアベ君は、「3日で必ず禁煙できる本」という本を読んだのですが禁煙できませんでした。この本は内容に偽りないということで評判を呼んでいる本だったのですが、なぜだかわかりますか。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:28| Comment(20) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

【問題359】銀行強盗とロープ

ジャポニカロゴスの特番を観ていたら(あの番組、だんだん日本語の知識と離れていっているような・・・)、今の常識では鎌倉幕府の成立は1192年ではなくて1185年頃なんだそうで、知りませんでした。

そういえば源頼朝とされている人物を描いた絵が学生の頃の教科書に載ってましたが、あの人物も実は頼朝ではなく、後年の別の人物(足利一族?)らしい、ということもわかってきてるようです。

最近、高校の教育で日本史を必須にしようという動きもあるようですけど、歴史は新事実がわかったら内容も変わるので、社会人にも「今年の新事実」とかいう感じで教えてもらえないものか、と思ってしまいました。

それにしても今から2世代前の1万円札の人物は聖徳太子でしたが、何せ今から1,400年も前の話、あれも本当に本人?
違ってたら全く別の人をお札にまでしてた国ということに。。



【問題359】
コイズミ君とアベ君はそれぞれ25mのロープを持って銀行強盗に入りました。人質を縛るのに、どちらもロープを5mずつに切り離してそれぞれが5人を縛り上げたのですが、ロープを切った回数を数えるとコイズミ君が4回でアベ君は5回でした。なぜだかわかりますか。


簡単ですね。

友達にすすめる

posted by fakerholic at 00:34| Comment(12) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

【問題358】究極の連結パズル

フジテレビ系のテレビ番組「IQサプリ」の冒頭コーナーにサプリ文字という判じ物がありますが、海外にもこういったものは多くあるようで、あのパズル作家サム・ロイドが蒐集していたという、こんな判じ絵を見つけました。

サム・ロイドの判じ絵

これは何と読むか?これ自体問題にしようかと思ってしまいましたが、ちょっと難しいです。何と読むかというと、見たところTがCに沈んでいるように見える→T(Tea)がC(Sea)に沈んでいる、というところから、「ボストン茶会事件」と読ませるのでした。
(そもそもボストン茶会事件とは?というところから難しいです)

インターネットの略語でもforは4、youはUを使ってたりしてて、なんだ英語も(乱れてるといわれてる)日本語と変わらないじゃん、な感じです。



【問題358】
下の図でA、Bはそれぞれ5mの貨車、Cは10mの機関車です。太線が線路になっていて、左側に5mの引込み線、右側に15mの引込み線があります。機関車、貨車ともに連結することができ、機関車は連結した貨車を押すことも引くこともできます。
さて、この機関車を使って、AとBの貨車の位置だけを入れ替えることができますか(機関車Cは同じ位置に戻します)。

問題358



こんな感じの機関車の問題は良く見かけますが、なぜかこの問題の元ネタには「究極の」というタイトルがついていて、難しい(と思われてる)ようです。手ごたえがどんな感じなのか興味あります。ところで今非常に眠いです。。


友達にすすめる

posted by fakerholic at 02:02| Comment(13) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

【問題357】旅の終わり

ちょっと古い話ですが、1980年代に、アメリカ人は(全体で)一日に何をやっているかを調べた調査があります(相当暇です)。例えばこんな感じです。

・アメリカ人は一日で150キロのコカインを嗅(か)ぎ、少なくとも1種類の新種の昆虫を発見し、5,200万キロメートルのジョギングをする。

・3人は性転換し、125人が病気になり、5つの核兵器が新たに作られる。

・平均的なアメリカ人は1,600の広告に触れるが、うち、80の広告にしか気づかず、12の広告にしか反応しない。


良く調べたもんです(核兵器の話は本当に?)。日本人でやってみると面白いかもしれません。日本人は500万時間電車に乗り、少なくとも3つの特許を取得して、1万匹のマグロを食べるetc。←これらは全て適当です。


【問題357】
アベ君は長い旅から戻ってくると、海の上に浮いていました。事故ではないとすると何があったかわかりますか。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:22| Comment(15) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

【問題356】蜘蛛(クモ)の用途

地球の自転周期がちょうど24時間でないところから、この時間を調節するために秒単位で時間を増やす「閏秒(うるう秒)」というのがあって、これが今まで結構頻繁に起きてました(最近だと、「協定世界時」で去年の年末に1秒増えてます。コチラをどうぞ)。

で、これだと正確な時間を商売にしている事業者にとって負担が大きいとかで、2010年以降、うるう秒をやめてまとめて1時間増やす「閏時間(うるう時間)」にしましょう、という話がITU(国際電気通信連合:電気通信分野で世界的な標準を作成する機関)で持ち上がっているらしいです。

システムの現場だと、1秒だったら無視してたところも1時間だとそういうわけにもいかず、2000年問題の時のように、ちょっとしたうるう時間特需も発生して混乱しそうです。(私としてはクイズネタで使えそうだ、と思ってしまいました)


1秒単位だと有難みは薄いですが、さすがに1時間となると有効に使えそうだ、と思いましたが、世界で一斉にある時点で1時間増える(と思われる)ので、その時間帯によっては不幸なこともありそうです。「協定世界時」0時に1時間増えると日本時間で午前9時、1時間余計に働け、とそんな会社も出てきそうな予感が・・・



【問題356】
フランスでは、販売するための商品として蜘蛛(クモ)が飼育されているそうです。ペットやペット用のエサ、食用でもなく、ある商業的な目的のために売られているのですが、一体どんな用途のために販売されているのかわかりますか。


これ、海外モノのクイズにありました。フランスといえば、というモノに関連してます。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 01:11| Comment(9) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

【問題355】スローなレース

1900年、フランスのパリで万国博覧会が開催されましたが、当時それに付随する形でオリンピックも開催されていました。ただこのオリンピック、相当ひどいものだったようで、こんな話があります。

マラソン競技の先頭を走っていた(と思っていた)アメリカの選手がゴールをしたら、なんと、既にフランスの選手がゴールしたあとでした。どうもフランスの選手はわざとゆっくり走って、見えなくなったところで馬に乗ってコースをショートカットした(!)らしく、絶対に抜かされてない、と主張するアメリカと大論争になったのでした。

このオリンピック、大会の不手際でメダルが与えられたのは陸上競技のみ、それも開催国フランスが二位のアメリカの倍以上のメダルを獲得してたりして、今だとちょっと信じられないような疑惑と手際の悪さに満ちた大会だったようです。

それにしてもこのマラソン選手、あとで絶対にばれる、と思わなかったのかどうなのか?ラリーと違って同時にスタートする競技ですもんねぇ。



【問題355】
ある富豪が、優勝者に莫大な賞金を与える、ちょっと風変わりな馬レースを開催しました。参加者は馬に乗って目的地まで競争をしますが、富豪は、最も遅く到着した馬を優勝者とする、という条件をつけました。

参加者にとっては他の誰よりも遅くゴールする必要があるので、とんでもなくスローなレースになることが予想されたのですが、実際にレースが始まると、どの参加者も猛然と出せるだけのスピードで目的地に向かって突進していったのですが−−−なぜだかわかりますか。



スローなマラソン選手の話題からこんな問題を思い出しました。この問題は結構有名で、いろんなところに露出していると思います。特にご存じない方は是非どうぞ。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 01:34| Comment(15) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

【問題354】名探偵アベ君登場

かなり前のベストセラーに「日本語練習帳」という本があって、その中に「思う」と「考える」の違いを述べなさい、という設問がありました。

良く似た使われ方をしているようで実は違いがあって、答えはというと、「思う」は一つの事柄を思い描くときに使われるのに対し、「考える」は二つ以上の事柄を結びつけるときに使われる、と、確かそんな感じだったと思います(最近また日本語ブームっぽいので、ご興味ありましたら是非どうぞ)。

「考える」ためにはより多くの材料(事柄)があったほうが選択肢も増えるわけで、いろんなことを知っておきたい、というのは理に叶った行動なのかもしれません。

今日の新聞に東大のある講師のこんな話が載ってます。この講師は、モニタの画面に最新の研究ニュースを絶えず流しておけば、あふれる情報にさらされて脳がアイディアを生み出す、と推測してそれを実践してる、とかで、なんとなくそんなこともありそうだ、という気になります。



【問題354】
海外のホテルの廊下に突然女性の叫び声が響き渡りました。「やめて!撃たないで、ジョン!」それをたまたま聞きつけたアベ君が現場に到着すると、拳銃で撃たれた女性の死体と、凶器と思われる拳銃が床に転がっていました。
その場にはホテル職員と弁護士、医者の3人がいたのですが、アベ君は3人を見るなり即座に医者が怪しいと見抜きました。

実際医者が犯人だったのですが、アベ君がなぜそう思ったのかわかりますか。もちろんアベ君は3人に触れていないどころか、話すらしていません。




最近タイゾー君にも飽きたので、出馬宣言をしたアベ君にしました。ところで新聞の記事といえば、今日の日経に王子製紙のTOB失敗について書いたコラムがあって、そのタイトルが「『半勝ち王子』の犠牲バント」。
まずハンカチ王子が思いついてこのコラムを書いたとしか思えません。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:52| Comment(17) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

【問題353】年の離れた双子

先日発表された7月の有効求人倍率は1.09倍あって、結構企業の人材難は深刻になりつつあるようです(とはいいながら愛知県の1.94倍!から青森県の0.42倍!!まで地域によって濃淡あります)。

最近だとネットでのアルバイト探しで、勤務地はもちろん、例えば髪型自由、とか服装自由など細かな条件までつけて検索できるところがありますが、これ、髪型や服装、その他の条件によって時給単価にどの程度違いが出るのか、というのを調べるとちょっと面白そうです。
うまく統計処理すると、○○というエリアの髪型自由、交通費支給有りが最も時給水準の高い求人だ、とか出せそうだと思ってしまいました。
(このあたり実際出せるのか、Yahoo!の求人で見てみようと思ったら、なんとあのYahoo!なのに満足に開かなくて、ほんとに盛況なんだというのが良くわかりました)

髪型自由、って接客業にはなさそうな感じで、ひょっとしてガテン系?(で時給は高い?)


【問題353】
同じ母親から生まれた双子にそれぞれ年齢を訊ねたら、3歳年が離れていました。なぜだかわかりますか。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:33| Comment(15) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。