2006年08月29日

【問題351】定規で平行線

知らなかったんですが、「巡回セールスマン問題」というものがあるそうです。
Webでいろいろと調べてみると、「ある都市を出発したセールスマンの移動距離が最小値を取るように、すべての都市を一度ずつ必ず訪問して出発点に戻るための経路を求める」問題ということで、都市の数が増えてくると現在のコンピュータ(ノイマン型)では手に負えない計算量になる、ということから、IT系のサイトに多く載ってました。

なんでまた「巡回セールスマン問題」なのか、というと、アメリカの学生二人が、ニューヨークの地下鉄全駅を過去最短時間(24時間2分)の新記録で通過した、というニュースの中に出ていたからでした。
この二人はコンピュータは使わず準備に数ヶ月を要した、とありましたが、コンピュータを使っていたら(もしくは使ったことにしとけば)いい就職口が見つかったかも、とちょっと思ってしまいました。
IT系ならたとえ鉄道オタクであっても受け入れられる素地は十分にあると思われます。


【問題351】
目盛のない三角定規一つと鉛筆だけを使って二本の平行線を書くにはどうしたらいいですか。



簡単ですね。ところで夏休みももう終わりに近いということもあってか、最近どうも自由研究のネタ探しでココに来られる人もいるっぽいです。どちらかというとココは人を煙に巻く系のサイトなので、全く参考にならないような気が・・・

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:58| Comment(12) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。