2006年08月30日

【問題352】タバコに関する問題

ご存知の方も多いと思いますが、騒がしいパーティ会場で知人と話し込んでるのに、なぜかまわりで自分の名前が出てきたらすぐに気がつく−−こんな現象をカクテルパーティ効果といってます(なぜ人はそんな芸当ができるのか、私の知っている限りでは解明されてないようです)。

では、騒がしいパーティ会場で静かに語り合うにはどうしたらいいか?こっちのほうは解析した物理学者の話があります。

まわりの騒音の最も大きな要因は客(参加者)の数にあって、どんなパーティー会場にも、この人数を超えたら個別の会話は聞こえなくなる、という人数があるようです。会話が聞こえなくなったら大声で話せばいいじゃん、というのは実はそうでもなく、周りの人も同じように大声で話すようになるので、会場自体が更に騒がしくなって効果はありません。

実は、話し声の大きさは距離の二乗に反比例して耳に届くので、距離が1/3になれば声の大きさは9倍になって届く、ということで、単純に近づいて話せばいい、ということらしいのでした。

これで騒がしい場所で、好意を持っている人と静かに語り合う方法がわかりました。こんな話をしたあとで、もっと近くで話したほうが良い、と言うだけです。もっというと、1/4の音量で話せばいつもの1/2未満の距離にいるはずです(健闘をお祈りします)。:-P



【問題352−1】
冷戦時代、各国のスパイは吸う、吸わないにかかわらず、タバコを所持することを奨励されていたそうです。なぜだかわかりますか。


【問題352−2】
アメリカのとある州には、公共の建物の入り口前、半径20フィート(約6m)未満のところに喫煙場所は設置できない、という法律があります。
ところが葉巻大好きの州知事は、法律を破ることなく、実質20フィート以内のところに自らの喫煙場所を設置させることができたのですが、一体どうやったのかわかりますか。



最近何かと肩身が狭いタバコ関連の問題2題です。問題352−2の方は実話を脚色したもので、とある州というのはカリフォルニア州、州知事はもちろん(最近いい話を聞かない)アーノルド・シュワルツェネッガーです。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 23:59| Comment(7) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

【問題351】定規で平行線

知らなかったんですが、「巡回セールスマン問題」というものがあるそうです。
Webでいろいろと調べてみると、「ある都市を出発したセールスマンの移動距離が最小値を取るように、すべての都市を一度ずつ必ず訪問して出発点に戻るための経路を求める」問題ということで、都市の数が増えてくると現在のコンピュータ(ノイマン型)では手に負えない計算量になる、ということから、IT系のサイトに多く載ってました。

なんでまた「巡回セールスマン問題」なのか、というと、アメリカの学生二人が、ニューヨークの地下鉄全駅を過去最短時間(24時間2分)の新記録で通過した、というニュースの中に出ていたからでした。
この二人はコンピュータは使わず準備に数ヶ月を要した、とありましたが、コンピュータを使っていたら(もしくは使ったことにしとけば)いい就職口が見つかったかも、とちょっと思ってしまいました。
IT系ならたとえ鉄道オタクであっても受け入れられる素地は十分にあると思われます。


【問題351】
目盛のない三角定規一つと鉛筆だけを使って二本の平行線を書くにはどうしたらいいですか。



簡単ですね。ところで夏休みももう終わりに近いということもあってか、最近どうも自由研究のネタ探しでココに来られる人もいるっぽいです。どちらかというとココは人を煙に巻く系のサイトなので、全く参考にならないような気が・・・

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:58| Comment(12) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

【問題350】次に入る図形

ちょっと前に太陽系の惑星の数が増えるかも、という話題がありましたが、結局冥王星を矮惑星(わいわくせい)に格下げして惑星の数を8個に減らす、ということになりそうです。

この矮惑星、英語ではdwarfplanet(ドワーフプラネット)というらしく、ファンタジーに出てくるドワーフと同じ意味合い(小さいということ)で使われてます。と、なんでそんな話をしてるかというと、昨日、ディズニーがこの話に絡めた、ちょっと機知に富んだ発表をしていたからでした。

白雪姫に出てくる七人の小びと、あれはドワーフという種族です。一方で冥王星は英語でPluto(プルート)、あのミッキーマウスの愛犬プルートと同じ名前です(知らなかったんですが、犬のプルートは冥王星が発見された1930年に登場したキャラクターみたいですね)。

そこで、七人の小びとたちは昨日、こんな「声明」を出しました。
「冥王星(プルート)が矮惑星(ドワーフ)になっちゃって残念だけど、犬のプルート君、もしぼくたちドワーフの仲間になりたいならいつでも仲間にしてあげていいよ」


こんなニュース、楽しくていいです。


【問題350】
下の正方形には、○、△、□がある規則に従って並んでいます。?に入る図形がどの形かわかりますか。

問題350



久しぶりにIQテスト系の問題です。ちょっと難しいかもしれませんが、この手の問題でよく出てくるパターンなので、考え方を覚えるという感じでどうぞ。(それにしても休日は子供が「遊ぼう」と邪魔をしてくるのでなかなかはかどりません)

友達にすすめる
posted by fakerholic at 12:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特別編56】電話帳の名前

350問目記念の特別企画最後の問題です。

冒頭でも書きましたが、今回はWALLY Test(いじわるクイズ)にしました。
こういった問題群は普通の論理クイズ(IQクイズ)・論理パズル系の問題に混じって出すと間違いなく引っかけることができます(が、たまに怒られることもありますので、そのあたり注意は必要です)。まあ、記念企画ということでお楽しみください。

今回のものを最初から、という方はクイズネタ特別編のリンクで【特別編47】からどうぞ。


ところで、クイズ中毒者にてきめんなクイズを一つ。
(問題)
大きなのっぽの古時計が13回鐘を鳴らしたら何時でしょう。

(回答)
時計を買い換える時! :-)


【特別編56】
東京の世田谷区の電話帳には、7世帯に3世帯の割合で名前が載っていないそうです。もし世田谷区の電話帳に21,000世帯の名前が載っているとしたらその中に名前が載っていない人は何人いるでしょう。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 10:51| Comment(5) | TrackBack(0) | クイズネタ特別編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特別編55】盗まれたダイヤ

350問目記念特別企画の9問目です。


【特別編55】
ある大金持ちは、上面がスライド式のふたになっている箱にダイヤモンドをしまっていました。箱の中には即効性の猛毒を持つ獰猛な毒ヘビを入れていたのですが、あるパーティーの夜、数分間の停電のうちに、ダイヤモンドだけ盗まれていたのがわかりました。泥棒は素手で盗んだのですが、どうやったのでしょう。


これも有名な問題です。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 10:32| Comment(11) | TrackBack(0) | クイズネタ特別編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特別編54】雑誌の上で

350問目記念特別企画の8問目です。


【特別編54】
雑誌の上に2人の大人が乗ったのですが、どんなに時間がたっても互いに触れることはありませんでした。なぜでしょう。



これは良く知られた問題だと思います(回答は大したことないと思いますが)。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 10:20| Comment(5) | TrackBack(0) | クイズネタ特別編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特別編53】怪しい密輸

350問目記念特別企画の7問目です。


【特別編53】
アベ君はカバンを一つ持って、毎日スペインとフランスの間を自転車で往復しています。何か密輸しているのではないかと怪しんだ警察が調べたのですが、それらしいものは何もありませんでした。それでもアベ君は密輸をしていたのですが、それは何でしょう。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 10:06| Comment(8) | TrackBack(0) | クイズネタ特別編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特別編52】超えられないボールペン

350問目記念の特別企画6問目です。


【特別編52】
床に置いたボールペンを飛び越えられるか、という賭けに乗ったアベ君は、体に不自由なところは一つもないのに、この賭けに負けてしまいました。なぜでしょう。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 09:59| Comment(10) | TrackBack(0) | クイズネタ特別編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特別編51】ありえない試合

350問目記念の特別企画5問目です。


【特別編51】
うちの息子が昨日こんな話をしました。
「おととい、うちの学校のサッカーチームが試合をして3対1で勝ったんだけど、うちのチームの男の子は誰も得点しなかったし、相手校のチームにもオウンゴールはなかったって」
どういうことかわかりますか。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 09:52| Comment(7) | TrackBack(0) | クイズネタ特別編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特別編50】コーヒーをめぐる騒動

350問目記念特別企画の4問目です。


【特別編50】
喫茶店でアベ君がコーヒーを頼んだら中にハエが入っていました。ウェイターに取り替えてもらったのですが、その後すぐに、「これはさっきのコーヒーと同じコーヒーじゃないか」と怒り出しました。
なぜアベ君はそのことがわかったのでしょう。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 09:27| Comment(10) | TrackBack(0) | クイズネタ特別編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特別編49】ゾウだけができること

350問目記念特別企画3問目です。


【特別編49】
他の動物にはできなくて、ゾウだけができることとはなんでしょう。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 09:20| Comment(5) | TrackBack(0) | クイズネタ特別編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特別編48】三人の熟女

350問目記念特別企画2問目です。

【特別編48】
三人の太った熟女が一本の傘に入って上野公園を歩いていたのですが、誰一人雨に濡れなかったそうです。なぜでしょう。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 09:18| Comment(5) | TrackBack(0) | クイズネタ特別編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特別編47】太平洋発見以前

このへなちょこブログもなんだかんだと350問まできました。ということで350問目記念企画をささやかにこっそりとUPします。

今回はWALLY Test(いじわるクイズ)です。こういった問題群は普通の論理クイズ(IQクイズ)・論理パズル系の問題に混じって出すと間違いなく引っかけることができます(が、たまに怒られることもありますので、そのあたり注意は必要です)。こうやってまとめて出すと本当は効果は薄いのですが、まあ、記念企画ということでお楽しみください。

全部で10問あります。10問のあとに、通常の350問目をUPする予定です。


【特別編47】
1513年スペイン人のバルボアが太平洋を発見するまで、世界で最も大きな海はどこだったでしょう。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 09:12| Comment(3) | TrackBack(0) | クイズネタ特別編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

【問題349】ワインを量る問題

アメリカで最も尊敬されない職業って何でしょう。政治家なんていいセンいってそうですが、2003年にロサンゼルスタイムズ紙がこれを調べて記事にしています。
最も尊敬されないのは車のセールスマンらしく、任意加入の保険団体(HMO)のマネージャ、保険外交員と続きます。

ちなみに10位までの順位は次のとおりです。
1.車のセールスマン
2.HMOのマネージャ
3.保険外交員
4.株のブローカー
5.弁護士
6.国会議員
7.会社役員
8.上院議員
9.ジャーナリスト
10.知事


「会社役員」というのもちょっと面白いですが、名刺をもらったけどどうも胡散臭そうだ、とか、こっちが知らないのをいいことに上手いこと言って契約させるんでしょ、あたりが共通点っぽいです。

車だと、売れなくなるとすぐに値引きしたりオプションつけたりと、ディーラーの原価(仕入れ値)がわかりづらいという面もありそうですが、それを売り続けるためにセールスマンは自然と口八丁になるのかもしれません(あくまでアメリカの話です)。
でもこんな記事を見たディーラーの子供はきっとショックを受けるでしょうね。。


【問題349】
ここにガラスでできた3つのビンがあります。一つ目はちょうど3リットルが入る大きさで、二つ目はちょうど12リットルが入ります。三つ目のビンは不規則な形をしていて、2リットル目と5リットル目のところに印がついています。
今、三つ目のビンの中に、5リットルの目印よりちょっとだけ少ない量のワインが入っています。ここからちょうど3リットルを量るため、一つ目のビンにワインを移そうとしたところ、誤ってこの一つ目のビンを割ってしまいました。さて、それでもちょうど3リットルを量るにはどうしたらいいかわかりますか。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 01:24| Comment(6) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

【問題348】中身がなくて高価な本

何日か前に、インドで発売されたコカコーラとペプシコーラに殺虫剤成分が含まれていた、ということで、かの国で不買運動が起きたというニュースがありましたが、ペプシコにはフィリピンでの「80万人暴動」という不名誉な話があります。

1992年、ペプシはフィリピンでコーラに「ナンバーフィーバー」という懸賞金をつけました。キャップの内側に数字が印刷してあって、五万本に一本の割合で最高100万ペソが当たる、というもので、大成功を収めました。
これに気を良くした経営陣はキャンペーンの継続を決定します。当たり番号を8つ追加した、までは良かったのですが、そのうち一つが以前のキャンペーンでハズレとなっていた番号で、この番号だけで既に80万本(!)が出回っていたのに気づかなかったのでした(金額にして8000億ペソ、今の日本円にして1兆8400億円!!)。

事の重大さに気づいた経営陣は即座にこの番号をハズレにしましたが、ここに死者二名、ペプシ運搬用トラック38台破壊、ペプシ幹部の海外逃亡という大暴動が起きたのでした。

お金が絡むと暴動もスケールが違うようで・・・


【問題348】
タイゾー君はある高価な初版本を購入しました。何時間かその本を読み進めていくと、表現が幼稚で中身も退屈、おまけに内容に多くの誤りがあって、とても払っただけの価値はない本だという事がわかったのですが、タイゾー君は読み終えてとてつもない喜びを噛みしめていました。一体なぜだかわかりますか。



回答全然UPしてないくせに、とお叱りの声がある中、そろそろ350問目なのでそのあたり何か企画モノをやるかもしれません。(多分)


友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:41| Comment(15) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

【問題347】二つのパラシュート

何日か前の新聞に出ていたので既に多くのbloggerが書いていると思いますが、国際天文学連合(IAU)が惑星の定義を見直すことで、太陽系の惑星が今の9個から12個、さらには24個(!)になるかもしれない、ということらしいです。

直接的には去年の7月にNASAが10番目の惑星を発見した、と発表したのが引き金になってそうです(ちょうどこのときも書いてました。こちらです。15個も増えたら、それぞれ日本語名はどうやって決めるのか、非常に気になります)。

何で見たのか忘れましたが、海王星の外側にも小惑星帯があって、実はこういった天体はたくさんあるようです。そもそも冥王星はこの小惑星帯の一つの小惑星じゃないか、という話もあったりして、冥王星が惑星なんだったらそれより大きいあの天体はどうなんだ、という至極真っ当な話でもあります。そのうち太陽系の惑星は増え続けることになるかもしれません。


もし太陽系の惑星が24個、と正式に決まったら教科書にもそれが載るわけで、テストにも出ることを考えると、24個も覚えなきゃいけない学生にはちょっとかわいそうな気がします。



【問題347】
飛行機がハイジャックに遭いました。犯人は単独犯で、機長を通じて10億円とパラシュート二つを要求しました。そのどちらも手にした犯人は飛行機を飛び立たせ、パラシュート一つを手にとって大空に飛び立ち逃亡したのですが−−−さて、この犯人はなぜパラシュートを二つ要求したのかわかりますか。



なぜかこの問題、話の設定が細かいわりに、いくつかのクイズ書籍に出てたりします。古いオリジナルがどこかにあるのかもしれません。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 01:15| Comment(15) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

【問題346】規則正しい不眠症

土砂降りの中傘もささずに歩いてきた女性は、体はびしょ濡れになっていたのに髪の毛一つ濡れませんでした。なぜでしょう。

こんな良く知られた問題があります。あまりに知られているので回答を言ってしまうと、「この女性は尼さんだったから」。つまりは髪の毛なんてそもそも無かったのでした。
最近だとフジテレビ系の番組「タモリのジャポニカロゴス」なんかでこんな言葉遊び的な問題もたまに採り上げられてたりしてますが、海外のクイズでも似た問題がよくあります。

例えばこんな感じです。

Q.Can you draw a square with two straight lines?

なんで和訳しないのか?実は和訳不可能な問題なのでした。と、これ自体がヒントなんですが、回答は・・・もうおわかりですね:-)


【問題346】
タイゾー君は毎晩、規則的に180回は起床し、就寝するということを繰り返しています。タイゾー君は病気ではなく、また、これで十分休息がとれているのですが、一体なぜだかわかりますか。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:24| Comment(15) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

【問題345】橋を渡す問題

ニューヨーク発ロイターの記事によると、全米経済研究所というところが、左利きの男性は右利きの男性より多く稼いでいる、という研究論文を発表したそうです。「大卒男性の場合、左利きは右利きに比べて約26%高い給料をもらっている」らしく、また、女性にはこういった傾向は見られなかった、とも言ってます。

ちょっと思い浮かべてみるに、私の知り合いにも左利きの男が何人かいて、確かに天才肌の人はいました(ただ、強烈な個性を持っていたために覚えているだけなのかもしれません)。

以前ココの問題でも左利きをネタにした問題があって、そこで自分は左利きだとコメントされていた方がいらっしゃいましたが、その方のコメント、相当柔軟な発想だったのを思い出しました。右利きと左利き、なんでそうなるのか不思議ですが、ニュースに出てたようなことはありえそうだ、と思ってしまいました。


【問題345−1】
下の図のように、周りを正方形のお堀に囲まれた正方形の公園があって、この公園にかけられた橋が落ちてしまいました。手元に同じ大きさの二枚の板があるのですが、この板の長さはお堀りの幅にはちょっとだけ足りません。この板を使って橋を渡すにはどうしたらいいかわかりますか。

問題345



この問題は結構有名で、ご存知の方も多いと思います。応用で次の問題はどうでしょう。


【問題345−2】
上の回答を見たタイゾー君は、それでも自分にはできない、とため息をついていました。一体なぜだかわかりますか。



回答編やるっていっててすいません。。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

【問題344】ブーツとジッパー

googleで二つの単語で検索したときに一つしかヒットしなかった(=検索結果で一つしか出てこなかった)ことをグーグルワック(googlewhack)というそうで、そんな単語の組合せばっかり集めたサイト、その名もgooglewhack.comというサイトもあったりします。

グーグルワックとなるためのルールは3つあって、(1)単語2つで検索すること(2)その単語はある辞書サイトに載っていること(3)掲示板などに表示されているようなものは除くこと、だそうで、上記のサイトには54万を超える単語の組合せが投稿され、網羅されてます。

Googleだって常時クローラー(サイトを巡回するプログラム)を走らせているので、昨日グーグルワックだったものが今日もそうだとは限らないと思いますが、ちょっとばかばかしく、面白いです。

日本語でやったらどうなるのか(そんなサイトもあるみたいですが)、自分でもいくつか試してみましたが、これ、結構見つけるのは難しいです。30分ほどして一つ見つけた組合せは「流体力学 うこんの力」。誰かの日記のようでした。


それにしてもグーグルワックなんてGoogleすら予想していない造語がサブカル的に広がっていくのはすごいです(同じような話でSONYのWalkman、複数形はWalkmenって知ってました?)。


【問題344】
長いブーツのジッパーは足の外側ではなく、必ず足の内側(内股側)につけられているそうです。なぜだかわかりますか。


女性の方には簡単かもしれません。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:59| Comment(11) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

【問題343】となりのとなり

ゲームの理論の話になると必ず出てくるものに囚人のジレンマの話があります。(前にこのブログでも一回出てます。囚人のジレンマの詳細はコチラをどうぞ)

この話、2人のプレイヤー(参加者)がいて互いに協調しない(できない)場合に、どちらの利益も最大にできる選択肢があるのに結局目先の小さい利益を選択してしまうという話でした。
ではこの囚人のジレンマの状況で、どちらの利益も最大にする選択肢を選ばせるように誘導することはできるものなのか?というのを研究した心理学者の話があります。

この研究では、囚人のジレンマの状況に置く前に、あるグループには事前に「殺人鬼から見知らぬ人が一家五人を救った」というニュースを、もう一つのグループには「殺人鬼に一家五人が惨殺された」というニュースを流しておいて、それぞれどちらを選択したかを調べました(何のニュースも流さないグループもありました)。

結果は、というと、明らかに心温まるニュースを聞いたグループほど協調的行動(=どちらの利益も最大にする選択肢)をとる者が多かった、というものでした。

この話、元々ゲーム理論は参加者が論理的に行動することが前提になってますが、そんなこといっても論理的に行動しないことだってあるじゃない、ということを明らかにしていて、ちょっと興味深いです。

何で見たのか忘れましたが、ゲームの理論を応用した分野は幅広く、特に経済学では最もノーベル賞に近い学問とか言われてるらしいですが、ひょっとしたら心理学の領域まで広げればもっと高度な理論が展開できるかもしれません。そんなことができたらノーベル賞はもう目の前?
(その前にライバル社に心温まる品でも贈る?)



【問題343】
初めて訪れた場所でタイゾー君は電車に乗りました。電車を降りてからの道順を訊きたいと思ったタイゾー君は、なぜか座っている両隣の人には見向きもせず、見知らぬ隣の隣の人に声をかけたのですが、なぜだかわかりますか。


登場する人は全て日本語を話す日本人です。
ところで回答編の方、たまっててすいません。今家族が帰省してて平穏なので、週末集中します。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:57| Comment(10) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。