2006年07月29日

【問題337】兄弟とハングライダー

男性は苗字でも下の名前でもどちらでもOKなのに、女性だと下の名前しか使われないことが多い、という、考えてみれば不思議な世界があります。
小説の世界がそれで、多くの小説は男を示すのに例えば「田中」だったり「直哉」だったりしますが、「押切もえ」という女性だったら「押切は天を仰いだ」とはならず「もえは天を仰いだ」となります。

似たところをトリックにした(ちょっとアンフェアな)推理小説もあったりします。語感の問題なのかもしれませんが、なんでそうなったのか、ご存知の方いらっしゃいましたら是非教えてください。


似た話で、通常、文章のフォントは明朝体ならずっと明朝体、ゴシックならずっとゴシックで印刷されるものですが、漢字はゴシック、ひらがなは明朝体、と、なぜか分けて印刷されるジャンルがあります。
そのジャンルとは、そう、良くご存知のマンガです。フキダシ(雲みたいなアレ)の中の文章は特殊な装飾等を除いてほぼこうです。あれも一体なんでああなったんでしょう?マンガができた頃ってそんな風にフォントを変えるほうが大変そうです。



【問題337】
北海道に住むタイゾー君は、自宅近くの丘でハングライダーをしました。そのことでタイゾー君は東京に住む弟の命を救うことができたのですが、一体なぜだかわかりますか。
この二人はもう何年も会うどころか会話すらしていません。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:43| Comment(5) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。