2006年07月31日

【問題338】王と水とミルク

宇宙開発をネタにしたジョークにこんなのがあります。

無重力の宇宙空間ではボールペンが使えないことがわかりました。
アメリカ:数億円をかけて宇宙ボールペンを開発しました。
ロシア(旧ソ連):鉛筆で作業をしていたので、そもそもそんなことに気づきませんでした。


なんでこんな話が、というと、今日のasahicomの記事で、戦略国際問題研究所(ワシントン)のジェームズ・ルイス部長という人がまさにこのジョークをたとえに出していたからなのでした。
宇宙開発の派生技術として、医療用のCTとかレーザーメス、インスタント食品などが民生用に利用されているものの、「NASA(アメリカ航空宇宙局)は無駄遣いをしてる」と常に批判されているらしいです。

宇宙ボールペンというのは本当にあるらしいです。でも手に入ったところで証明できないですね:-)


【問題338】
中世のある王様が、賢人を呼んでこんな問題を出しました。
「ここにグラスすれすれ一杯の水と、同じグラスすれすれ一杯のミルクがある。この2つのグラス以外の入れ物を使わずに、どちらのグラスも水50%、ミルク50%の混合液にしてみせよ」
これを聞いた賢人は何とか王様の言うとおりのことをしたのですが、さて、どうやったのかわかりますか。



王といえば、昨日から渋谷で「王と鳥」という70年代の海外アニメが日本初公開になったそうで、これがものすごく前評判が高いようです。そんな話を聞くと見に行きたくなります。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:31| Comment(11) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

【問題337】兄弟とハングライダー

男性は苗字でも下の名前でもどちらでもOKなのに、女性だと下の名前しか使われないことが多い、という、考えてみれば不思議な世界があります。
小説の世界がそれで、多くの小説は男を示すのに例えば「田中」だったり「直哉」だったりしますが、「押切もえ」という女性だったら「押切は天を仰いだ」とはならず「もえは天を仰いだ」となります。

似たところをトリックにした(ちょっとアンフェアな)推理小説もあったりします。語感の問題なのかもしれませんが、なんでそうなったのか、ご存知の方いらっしゃいましたら是非教えてください。


似た話で、通常、文章のフォントは明朝体ならずっと明朝体、ゴシックならずっとゴシックで印刷されるものですが、漢字はゴシック、ひらがなは明朝体、と、なぜか分けて印刷されるジャンルがあります。
そのジャンルとは、そう、良くご存知のマンガです。フキダシ(雲みたいなアレ)の中の文章は特殊な装飾等を除いてほぼこうです。あれも一体なんでああなったんでしょう?マンガができた頃ってそんな風にフォントを変えるほうが大変そうです。



【問題337】
北海道に住むタイゾー君は、自宅近くの丘でハングライダーをしました。そのことでタイゾー君は東京に住む弟の命を救うことができたのですが、一体なぜだかわかりますか。
この二人はもう何年も会うどころか会話すらしていません。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:43| Comment(5) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

【問題336】火事にご注意

何年か前に、Webの記事に端を発した「もしも世界が100人の村だったら」という統計が流行りましたが(確かテレビ番組にもなってました)、こういった世界の統計を世界地図で表すというサイトがあります。
割合が大きいほどその国の面積が大きくなる、という見せ方になっていて、結構綺麗でぱっと見で理解できるので、見ていて楽しい感じです。

現在156の地図があって、1500年の人口とか(室町時代の日本は結構大きかったりします)、10代の母親の分布(インドが大きい)、失業者の数(日本は結構な存在感を示してます)とかあるので、ご興味ある方は是非どうぞ。
コチラから飛べます:PC用です。携帯の方はパケット損します)


【問題336】
タイゾー君は焦げくさい臭いと煙で目を覚ましました。明らかに火事で、身の危険が迫っていることを分かっていたにもかかわらず、タイゾー君は決してそこから逃げることはしませんでした。一体なぜだかわかりますか。

もちろん、タイゾー君は自殺を考えていたわけではありません。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:44| Comment(12) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

【問題335】スリにご注意

新聞のコラムに、ワシントンのパワーエリートの服装の話が載ってました。
アメリカワシントンではブッシュ政権になって以降、きちんとした身なりをするように、というブッシュの指示のもと、トラッドなダークスーツがファッションの主流にあるようです。

一方の日本では昨年に続いてクールビズ花盛り、ネクタイなんてやってられるかという感じですが(まあ、端から私のまわりでネクタイしてる人は皆無に等しいですが)、小泉首相とブッシュ大統領の蜜月ぶりと対照的な話にちょっと面白いと思ってしまいました。

ところで入社したての頃、一つ上の先輩がノーネクタイで会社にいたので、どうしたんですか、と訊いたら悲しそうな顔をされたことがありました。
その先輩の机の上には先がボロボロになったネクタイが置かれていて、実はシュレッダーにネクタイが巻き込まれて窒息しそうになったらしかったのでした。

やっぱりネクタイは要らない?かもしれません。


【問題335】
ある駅でスリが多発していました。一計を案じた職員が「スリ被害多発!あなたの財布は大丈夫?」という貼紙を構内に貼って注意喚起をしたところ、スリの被害は減るどころかかえって増えたそうです。なぜだかわかりますか。



深夜にベランダに出たら、風に乗ってどこからかミニー・リパートンのLovin' Youが聞こえてきました。なんだかいい感じでした。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

【問題334】3人の女性

よくご存知の話だと思いますが、ありとあらゆる情報を検索可能にするのを目標としている米Googleは、現在、今までに出版された書籍を全て電子データに置き換えようと目論んでます(あのアマゾンも始めてますが、既存の出版社から訴えられたり、ちゃんと著作権者からOKとれてるのか、といった問題はあるようです)。

手始めに5つの図書館と提携してその蔵書のスキャンを始めている、ということらしいんですが、ではどうやってスキャンしてるんでしょう。人手を介して?でもあの「全自動」が好きなGoogleが果たして人手を使う?・・・と思っていたら、そのあたりを書いた記事を見つけました。

Googleと提携しているスタンフォード大学図書館では、何とスイス製のロボット(!)がゴムの指で本のページを一枚一枚めくってスキャンしているらしいのでした。さすがGoogle、ここでも自動化の心意気を発揮してます。

でもこの手の技術は日本の方が得意そうなので、どこかのメーカーさんが売り込みに行ってたりしそうです(結構いい値段しそうですが)。


【問題334】
3人の女性がいました。その中の1人は喜び、残りの2人は悲しみに包まれていたのですが、悲しいはずの2人はどちらも笑顔をふるまい、喜んでいるはずの女性は泣いていました。一体何があったのかわかりますか。



簡単ですね。ところで休暇から戻ってみると結構な仕事が残っていたことに改めて気づかされ、出社早々、休みが欲しいと本当に思ってしまいました。
これからやっと巡航速度でUPできそうです。回答もたまってますが、今週中に多めにUPします。

ほんとに久しぶりですいません。友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:11| Comment(9) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

【問題333】12人の学生

アメリカ行きの航空機にライターが持ち込めなくなってから、空港はそれなりの便宜を図っている筈と思って出国手続き後の喫煙室を見てみたら変わったマシーンを発見しました。

最近の車にはついていないものもあるシガーライター(押し込むと電気で熱せられてポンと出てくる例のアレ)、あれが円筒の柱状のものに3個載っているものが設置されていて、利用者は説明の必要なくこれを押し込んで使っていたのでした。

他の国際空港はどうなのか(さっきの話は成田です)、知人と話をしていたら、1年前の関空はライターが紐につけられており、数日前のセントレアにはチャッカマンが紐にぶら下がっていた、ということだったのでこのマシーンはどうも成田先行のようです。

成人ならまず見たことあって感覚的に使えるでしょうし、電気で熱するので火は出さず、これを盗んだところで永続的なライターとしての機能は果たさないのでこれはこれで結構いいかもしれません。



【問題333】
ここに12人の学生がいます。この12人を4人ずつ6列に並べるにはどうしたらいいかわかりますか。



結構この問題は古典です。
ところで数年前から海外で数独(SUDOKU)が流行って逆輸入のような形で日本でも盛り上がっていますが、カックロ(KAKURO)という日本オリジナルのペンシルパズルも海外で盛り上がっているようです。数独と同じかそれ以上のスペースで書籍が紹介されてたりしました。
携帯ゲーム用のソフトウェアをつくるなら次はKAKURO?


友達にすすめる
posted by fakerholic at 17:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

【問題332】二つのミサイルその2

インドでもミサイルの発射実験をやったようで(こちらはパキスタンに事前に通知はしていたようですが)、こっちも失敗だったらしいですね。

ところで、今、インド人を自国に呼ぶための最も有望な方法は自国でインド映画のロケをさせる、ということらしく、週に全世界の1700万人のインド人が見るインド映画の影響力はすさまじく、裕福なインド人は冬のソナタで韓国ツアー、どころではない勢いでロケ地めぐりをするそうです。

インド人というと数学的能力とかプログラミング能力に秀でている、という印象がありますけど、都庁あたりをロケ地にした映画を作らせて、優秀な人材集めに一役買うのはどうか、と思ってしまいました。


【問題332】
冷戦時代、アメリカの国防担当が上司にこのような報告をしました。
「ロシア(ソ連)とアメリカが互いの首都に向けて同時にミサイルを発射したら、ロシアのミサイルが先にアメリカに着弾することに気づきました」

ミサイルはどちらも全く同じ重さ、同じスピードで飛行し、飛行距離も全く同じだとすると、この国防担当はなぜそのことに気がついたのかわかりますか。



これは海外モノです。ところで、なんでこんな時間にUPしているかというと、今日から長期休暇をとっているからだったのでした(忙しい中すいません)。
ここ暫くは旅先からのUPになります。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 14:04| Comment(11) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

【問題331】二つのミサイル

北朝鮮のミサイル発射で、近隣がまた騒がしくなってきました。テポドン2号、失敗だったらしいですが、逆に未完成でどこに飛ぶか予測不可能だとしたらそっちの方が怖いです。

各国情勢をみて、ここまでやっても自国の政権はまだ維持できるだろう、という予測のもとにあの国が行動しているとしたらまだ対応の方法はありそうですけど、なんだかぱっと見、あまり考えてないように見えます。そういう理屈(ゲーム)が通じなさそうなのが不気味で怖いです。


【問題331】
A国が時速9,000キロのミサイルを発射しました。これを察知したB国は直ちに時速21,000キロの迎撃ミサイルを発射しました。双方のミサイルが発射されたとき1,251キロ離れていたとすると、2つのミサイルが衝突する1分前にはミサイル同士の距離はどの程度だったかわかりますか。



ミサイル関連で問題を探してきました。実際にこんなことあってほしくないです。元ネタはマーティン・ガードナーですが、算数系の問題でたまに見かけます。(ちなみに計算はいりません)

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:13| Comment(8) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

【問題330】兵士とヒゲ

私は正当な理由があって遅刻していて、自制心のないその他の遅刻者とは別に扱ってください、ということをいうのに、電車の遅延証明書というのが使われたりします。

遅延証明書って他の国にはなさそうです(あったらすいません)が、今年度中にJR東日本が、この遅延証明書をWebから発行できるようにするらしいです。
でも、実際に電車が遅れて遅刻したときに、今までだったら改札でもらった証明書を見せればよかったのが、何十分も遅れた上におもむろに会社のパソコンを立ち上げてこのサイトにアクセスし、証明書をプリントアウトしてから、「いや実は電車が遅れまして・・・」というのはなんとなく間抜けな感じがします。

かえってサボり上手な人に上手く使われてしまうような気が。


【問題330】
かのアレキサンダー大王は、自軍の兵士に必ずヒゲを剃るよう命令していました。なぜだかわかりますか。


これは海外モノです。ところで、公務員の方は30日にボーナスが出たようですが、皆様のところはどうですか。毎回言ってますが、社会人はこの時期太っ腹なので、学生の方はうまく持ち上げておこぼれにあずかりましょう:-)


友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:38| Comment(16) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

【問題329】CDと代金

サッカーワールドカップの一次リーグオランダVSコートジボアール戦で、多くのオランダチームサポーターが下着で応援する羽目になりました。一体なぜ?

これ、少し前のロイターのニュースに出ていて、ちょっと笑ってしまいました。FIFA(国際サッカー連盟)はカテゴリごとのスポンサー契約をしてますが、スポンサー契約をしていないオランダの酒造メーカー、ババリア社という会社が、どうも同社ロゴの入ったオレンジ色のズボンをサポーターに配り、FIFAは入場時にこれを脱がさせた、ということのようです。

組織的なただ乗りマーケティングとそれを阻止する側の攻防は、ズボンを脱がせることで落着したのでした。

ところで、ババリア社は、ロイターの取材に対して、いくらなんでも下着にするのはやりすぎだ、と言った後、「幸いにして多くのサポーターはオレンジ色の下着を履いていた」と答えていて、ひょっとして、こうなることを見越していて下着も一緒に配っていた?のかもしれません。

脱がされることも計算ずくだったとしたら、こうやってニュースに採り上げられる告知効果を考えれば、ただ乗り側もさるもの、してやったりだったのかもしれません。


【問題329】
タイゾー君はお店でCDを店員に差し出しました。店員は「三千円になります」と答え、タイゾー君は三千円を支払ったのですが、CDを置いて帰ってしまいました。店員や他の客は特に不思議には思わなかったのですが、なぜだかわりますか。



W杯、まさかフランスがブラジルを破るとは思いませんでした。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:16| Comment(14) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。