2006年06月10日

【問題321】タイゾー君いじめに遭う

最近は若い人より中年に暴走族が多いというニュースを何かで見ました(ノスタルジーからなんでしょうか?)。
一時こういった暴走行為をやめさせるのに、暴走族を珍走団と呼ぼう、という話がありましたが、迷惑行為のヤル気をなくさせるという点で、オーストラリアのシドニーでも同じような取り組みがありました。

シドニーのショッピングセンターでは、駐車場で大音響を響かせている迷惑車両に対して、あることをして立ち退かせることに成功します。一体どうやって?

実は職員は、スピーカーを使って駐車場に向けてビング・クロスビーの曲を流しました。街の不良たちは、「あまりの時代遅れの曲」に耐えられなくなってその場から退散したのでした。

これに気を良くしたのか、今度は不良のたまり場にバリー・マニロウの曲を流す計画があるとのことらしいですが、クロスビーやマニロウがこれを知ったら、蚊に対する蚊取り線香のような扱いにちょっと複雑な思いをしそうです。

日本だったらどんな人の歌がいいのかちょっと考えてみましたが、例えば妙に明るい「ドレミの歌」とかフォークダンスの曲、三波春夫さんの歌なんか良さそうだと思ってしまいました(いや、別に三波春夫さんに複雑な思いをさせようということは決してありません)。


【問題321】
タイゾー君は多くの人に取り囲まれ、その中の一人に泣くまでぶたれ続けました。いじめや犯罪ではないとすると、一体何があったのかわかりますか。



いや、今週もお疲れ様でした。いよいよサッカーワールドカップが始まります。回答の方は土日でなんとかします。(多分)

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:30| Comment(14) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。