2006年06月30日

【問題328】5組の夫婦

もう少しで七夕ということで、いつの間にか会社の近くに笹の葉が飾られていました。この笹の葉には自由に願い事を書いた短冊をつけられるようになっていて、他人の願い事を見ると、幾つかのパターンに分類できそうな感じでした。大体こんな感じです。

1.家族の安息を願うもの
2.恋人との安息を願うもの
3.自分の切実な利益を願うもの
4.会社の目標を書いたもの
5.真剣に世界平和を願うもの
6.その他

4.のパターンとして、例えば「○○事業部、今年度目標100%達成!!」などというのがあったりしましたが、これ、若手社員が書いたのならどうとでもなりますが、ある程度の地位の人が書いてたりするとちょっと背筋が寒くなります。シャレになりません。

6.のパターンでは多くはジョークだったりしますが、ちょっと不思議なのもありました。
「○○さんが猫を持ってきますように」

どんなドラマがあったんでしょう:-)


【問題328】
新婚のタイゾー君が4組の夫婦を招いて、計10人でパーティーをしました。それぞれ互いに挨拶をしながら握手をしたのですが、自分を除いた9人に何回握手をしたのか訊いたところ、全員が違う回数だったことがわかりました。さて、タイゾー君の奥さんは何回握手をしたのか、わかりますか。

握手は自分1人ですることはできず、誰も自分のパートナー(夫もしくは妻)とは握手をしていません。また、同じ人とは一度しか握手はしていないものとします。



この問題の元ネタはマーティン・ガードナーだと思われます。ちょっと面白い問題で、たまに書籍とかで見かけたりします。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:33| Comment(10) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

【問題327】ニューヨーカーとカナダ人

フォーチュン誌で世界第二位の富豪とされる投資家バフェット氏が、同じく世界一の大金持ちビル・ゲイツの財団に300億ドルを超える私財を寄付するとかで話題になりました。(ゲイツの財団の基金はアメリカ最大で290億ドル規模とか)

ところでバフェット氏、チャリティで、「自分と一緒にランチを食べる権利」というのを現在ネットオークションにかけています。
最高8人の落札者と一緒にマンハッタンでステーキを食べる−−−らしいんですが、この入札額というのも、22日の段階で約50万ドル(5800万円!!)と、とんでもない金額になってます。

これだけ払って、投資の勘所を聞きたいのか、はたまた次の投資先のヒントを聞き出したいのか、どんな人がどんな目的でこの老人(大変失礼!)とメシを食べたいのか、私なんぞには良くわかりません。


寄付というと、こんな実話があります。ある大富豪がシカゴ大学に100万ドルを寄付しました。これを聞きつけた、同じくシカゴ地区にあるノースウェスタン大学は、なぜ自分のところに寄付してくれなかったのだろうと悩みます。
らちがあかないので、直接その大富豪に理由を訊きに行ったところ、こんな回答が返ってきました。
「あら、おたくの学校、寄付の依頼に来られましたっけ?」

そう、最も大事な寄付のお願いをしていなかったのでした。


【問題327】
ニューヨークのある美容師は最近こんなことを言っています。
「ニューヨーカー1人の髪の毛を切るぐらいなら、カナダ人3人の髪を切るほうがましだ」
なぜそんなことを言っているのかわかりますか。



この手の問題は結構昔からバリエーションがいくつもあるので、ご存知の方も多そうです。ちょっと小ネタです。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:49| Comment(10) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

【問題326】絶対に負けないトランプゲーム(ひさし振りですいません)

すいません。ちょっと間をあけてしまいました。なんでこんなに空いてしまったかというと、ちょうど間際で入手したサッカー日本VSブラジル戦のチケットを手にドイツに渡っていた・・・なんて夢のような話があったわけではなく(そんなことあったら仮病でもなんでも会社休んでいきます)、実はまた扁桃腺が腫れて3日ほど会社を休んでいたのでした。

37度から38度の熱がずーっと続いて、喉が痛いから固形のものも食べられず、4日間寝たきりで結構難儀しました(さすがに明日は会社に行かないと殺されると思われます)。

ブラジル戦、私はこれからビデオで見ますが、アジアのチームが全て一時リーグで敗退してしまって、アジア枠を減らそうなんて話が出てきたら嫌だなと思ってしまいました。欧州とか強くても出れない国なんてザラにありますよね。


【問題326】
トランプの山を良く切って裏側にして置きます。二人で交互にトランプをめくって、先に絵札をひっくり返した方が負けというゲームをしました。さて、このゲームで絶対に負けないためには、どうすればいいかわかりますか。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 14:24| Comment(13) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

【もんだい325】たいぞうくんのねんれい

残念、サッカーワールドカップ、日本とクロアチア引き分けでした。
これからブラジルVSオーストラリア戦がありますが、前回ブラジル戦があったブラジル時間16:00にはサンパウロ証券取引所のほか、官公庁や銀行まで営業を切り上げていたそうで、ワールドカップ期間中は犯罪も極端に減るらしいです。

ここだけの話、日韓大会のときはズルして観てたりしましたが、公的に休業にしてくれると罪悪感なくていいです。(本当に罪悪感はあったのか、という話も)


今日午前中は幼稚園の父兄参観で、終わったあと何家族かで食事に行ったんですが、そのときの会話。「やっぱり必要なのは、FWの切り札でジーコ投入」


【もんだい325】
たいぞうくんは、おととい2さいでした。らいねんには5さいになるそうです。なぜだかわかりますか。


今日は父の日でしたが、統計だと、母の日に母親がもらうプレゼントと父の日に父親がもらうプレゼントでは、大きく父親の方が金額的に低いそうです。
去年は子供からきかんしゃトーマスのカードをもらいましたが、今年はうちわでした。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:28| Comment(10) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

【問題324】絵の具の青

たまに、とんでもなくプレゼンが上手い人から提案を受けることがあります。そんな人は大抵、今やってることを散々悪く言ったあと、でも大丈夫、ウチの○○をXXすることで、ほら、ウソみたいに解決できますよ、ね、そうでしょう、という起承転結を持っていて、話に引きずり込むのが上手です。(特にコンサル系が多いです)

一旦クライアント(顧客)を不安にさせておく手法と思われますが、多分次きっとこう来る筈、あ、やっぱり、という展開を読むのが面白くて、終わったあと、ところであれ幾らだったっけ?というのはしばしばあります。


交渉を上手に進める方法として、相手の集中力をそぐ(考える暇を与えない)というものもあります。交渉するなら相手の会社じゃなくて自社で、とか、細かいところだと、日の差すところに座らせたり、ぐらつく椅子に座らせる、というのもあったりします。

では、朝一の会議で、どうしても通したい企画を説明しなければいけないときはどうするか?
誰よりも早く来て、ボスたちが座る椅子の足一本に、片っ端からポストイットの束をテープで張っておきましょう:-P

この椅子座り心地悪いから君のと交換して、なんて言われてしまったら、逆に自分の集中力を奪われてしまうので、そのあたりは用心が必要です:-)


【問題324】
ある晴れた日にタイゾー君は野山の写生に出かけました。いざ色を塗ろうと絵の具を出したところ、青色だけ切らしていて青空を描くことができません。それでもタイゾー君は見事に見たままの風景そっくりの色合いで写生を完成させたのですが、いったいどうやったのかわかりますか。


この問題、たまに見かけます。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 23:08| Comment(23) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

【問題323】人通りの絶えない繁華街にて

サッカーワールドカップが開催されているドイツにはプーマとアディダスの2つの世界的スポーツ用具メーカーがあります。
元々は兄弟でやっていた一つの会社が仲たがいして兄がプーマ、弟がアディダスを創ったということらしいですが、この二人、相当仲が悪かったらしく、同じ敷地にある二人の墓はこれ以上ないほど離れてるとか。

そもそもこの二つの会社ともバイエルン州のヘルツォーゲンアウラッハという田舎町にあって、お互いの社員同士の結婚も許されなかった、というぐらい争っていたとのことで、どちらかが移転すればいいものを、やっぱり世界的な競争力を持つまでになるには「意地」も結構重要かもしれません。


と、昨日のサッカー、見ましたか。私は同点にされてからまともにテレビを直視できず、動転した心を落ち着かせるべく、ちょっとタバコ、とベランダに出てしまいました。しかし、ベランダはベランダで近隣のあちこちから歓声(というか悲鳴)が聞こえてきてて、結果を見ないまま負けを悟ってしまうことに。。
ああ、ワールドカップの楽しみの半分は終わってしまいました。


【問題323】
何かとフクダ君にライバル心を燃やすアベ君は、今日もフクダ君に無理難題を言って困らせていました。今日の難題は、人通りの絶えない繁華街で無人の風景写真を撮ってこい、というものでした。フクダ君を助けてあげることができますか。



次の総裁はやっぱりアベ君?

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:53| Comment(15) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

【問題322】車と発明品

スイスは永世中立国として二度の世界大戦を乗り切ってますが、文化や地理的に複雑に絡みあっている欧州にあって、よくもまあ中立でいられたもんだと素朴に思っていたら、なるほど、と思わされる理由を何かで見ました。

スイスの軍隊が強かった?確かにスイスには海に接していないのに海軍があったりするという話を聞いたりしますが、実はもっとソフトウェアな話でした。

スイスといえはゴルゴ13の「報酬はスイス銀行の口座へ」でおなじみ、顧客の秘密を守る金融で有名です。こういったスイスの銀行には、自国が負けて全てが灰になったときの保険として、戦争の当事者双方からの資金が大量に流れ込みました。
スイスには多くの国の多くの政治家のカネが眠っていて、ココを攻めたらオレのカネが危ない、とどの国の指導者も思うようになっていった−−とまあ、そういう理由です。


最近だと、マネーロンダリング(不正な資金の洗浄)に使われている、との指摘を受けて、銀行は顧客情報の開示の方向に向かっているようですが、この話でいくと永世中立としての強味は失われていきます。ゴルゴ13の次の預入先は一体どこに?


【問題322】
自動車に関する犯罪が多いことに心を痛めたタイゾー君は、車に取り付けるだけでほとんどの車犯罪を防ぐことができるという画期的な商品を発明しました。お店で販売を始めたところ飛ぶように売れていったのですが、買いに来た客のほとんどが自動車を持っていなかったそうです。なぜだかわかりますか。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:01| Comment(10) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

【問題321】タイゾー君いじめに遭う

最近は若い人より中年に暴走族が多いというニュースを何かで見ました(ノスタルジーからなんでしょうか?)。
一時こういった暴走行為をやめさせるのに、暴走族を珍走団と呼ぼう、という話がありましたが、迷惑行為のヤル気をなくさせるという点で、オーストラリアのシドニーでも同じような取り組みがありました。

シドニーのショッピングセンターでは、駐車場で大音響を響かせている迷惑車両に対して、あることをして立ち退かせることに成功します。一体どうやって?

実は職員は、スピーカーを使って駐車場に向けてビング・クロスビーの曲を流しました。街の不良たちは、「あまりの時代遅れの曲」に耐えられなくなってその場から退散したのでした。

これに気を良くしたのか、今度は不良のたまり場にバリー・マニロウの曲を流す計画があるとのことらしいですが、クロスビーやマニロウがこれを知ったら、蚊に対する蚊取り線香のような扱いにちょっと複雑な思いをしそうです。

日本だったらどんな人の歌がいいのかちょっと考えてみましたが、例えば妙に明るい「ドレミの歌」とかフォークダンスの曲、三波春夫さんの歌なんか良さそうだと思ってしまいました(いや、別に三波春夫さんに複雑な思いをさせようということは決してありません)。


【問題321】
タイゾー君は多くの人に取り囲まれ、その中の一人に泣くまでぶたれ続けました。いじめや犯罪ではないとすると、一体何があったのかわかりますか。



いや、今週もお疲れ様でした。いよいよサッカーワールドカップが始まります。回答の方は土日でなんとかします。(多分)

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:30| Comment(14) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

【問題320】栞(しおり)の問題

何かいわれはあるんでしょうが、学校の校則で思わず笑ってしまうようなものがテレビで採り上げられたりしています。書籍を見てたら、世界の法律でも変なのがあって、ちょっと笑ってしまうものがありました。

イギリスの法律:
牛を飼っている人は酔っ払ってはいけない

アメリカアラバマ州:
目隠しして車を運転してはいけない

アメリカテネシー州:
投げ縄で魚を捕るのは禁止


なんだかそういういけない事をした人がいたっぽい感じです。投げ縄で魚を、っていうのは、逆に捕れるところを見てみたいです。


【問題320】
読書好きのタイゾー君が栞(しおり)を持っていないという話を聞きつけた文房具屋の店主が、一つ1万円する栞を買わないかとタイゾー君に持ちかけました。
その栞は十分1万円の価値があり、タイゾー君もその必要を感じていて高くない買い物だったのですが、タイゾー君の読んでいる本を見た途端、店主は売るのは無理と退散してしまいました。さて、なぜ店主は無理だと思ったのかわかりますか。


この問題の元ネタは海外モノです。タイゾー君はもちろん本を折ったりせずに綺麗に読んでいました。


狼少年さま>回答遅れててすいません。なかなか時間がとれず、そのうち挽回します。
ところでヤフーの検索窓で、「頭のいいひとはエロい」と検索するとココが一番上に出てくるという事を今日はじめて知りました。どういうロジックでそうなってるのか知りませんが、笑ってしまいました。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 01:12| Comment(16) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

【問題319】売れっ子作家には無理な物語

日曜の朝は、子供に起こされて戦隊モノのボウケンジャーを見ることから始まります。
このシリーズ、なぜか女性のボウケンイエローが「力の冒険者」という設定でショベルカー(!)に乗ってたりしてますが、なんといっても特徴はクレーン車をはじめ潜水艦など、いろんな乗り物が次々合体して巨大ロボットになることで、まだ16話だというのに既に10台もの乗り物が出てきています。

今日の話で「ゴーゴージェット」というばかでかい飛行機が富士山麓から発射されて巨大ロボットと合体し、とうとう空まで飛んでしまいました。

おもちゃメーカーの見事な戦略に、これも買わされるかも、という一抹の不安と、まだ1/3しか話が消化されてない段階でこうなんだけど、これからメーカーさんどうするの?と思ってしまいました。

あと残されたのは宇宙だけ?宇宙船もこの際出てきて構いませんが、それだけだとクリスマス商戦まで持たないと思われます。ひょっとしてまったく別の合体ロボットが・・・?
いや、そんな恐ろしいことは絶対にやめて欲しいです。



【問題319】
ほとんどの人は簡単にできるのに、売れっ子作家には絶対に書けない物語とは、どんなものかかわりますか。


今日のサッカーマルタ戦、いまいち消化不足でした。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:55| Comment(12) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

【問題318】雨どい修理の理由

もうすぐサッカーワールドカップ開催で、元々ちゃんと仕事してるか怪しいところに、輪をかけて仕事が手につかなくなりそうです。

FIFA(国際サッカー連盟)はドイツとヨーロッパの特許庁にワールドカップ関連の800もの言葉(とその組合せ)を商標登録しているらしく、これらの言葉をライセンス支払いなしに商業目的で使うことを禁じています。

勝手に使ったらFIFAから損害賠償の請求が来る、ということで、まあ、公式スポンサーからとんでもない金額を受け取っている立場からするとそんな断固な措置も必要そうです(そういえばディズニーランドもスポンサードしてないと、勝手に「ディズニーチケット」プレゼント、とかはできません)。

ところで、では日本ではどうなのか、特許庁の商標登録検索サイトで「サッカーワールドカップ」と調べてみたら、登録されてるのは何と1件だけでした。FIFA?いや、実は登録してたのはカシオ計算機で、商標の範囲は「時計」でした。そういえば日韓ワールドカップの頃、そんなGショックがあったような、なかったような。

たとえバッタ物の「ワールドカップ仕様」Gショックが出回っていたとしても、まずFIFAが黙っていないような気が。


【問題318】
サッカーワールドカップを控えたドイツでは、特定の場所で「雨どい」の修理が非常に多くなっているそうです。一体なぜだかわかりますか。


これは実話です。ちょっと面白かったので、問題にしました。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 23:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

【問題317】遅刻と電車の関係

テストの成績がいい子供にはどんな特徴があるのか−−アメリカでこれを統計分析した話があります。元のデータは1990年代後半で、幼稚園から5年生までのテストの成績のほか、親の収入から行動にわたるまで膨大なデータが分析の対象となりました。

そこで出てきた、正の関連があるものは次のようなものでした。
・親の教育水準が高い
・親の社会・経済的地位が高い
・母親が最初の子供を産んだとき30歳以上
・親は家庭で英語を話す
・親がPTA活動をやっている
・家に本がたくさんある

アメリカなんだから英語で話すのは当たり前、ということはなくて、もちろん英語で話さない人も多くいます(最近だとヒスパニック系が増えて、英語を公用語にしよう、という議論が出ただけで激しく反応したりしてますね)。

家に本がたくさんある、なんていうのはちょっと興味深くて、じゃあとりあえず買いだめしとこう、とかなりそうです。本当のところ、教育熱心かつ裕福な親がせっせと本を買い与えている一面にすぎないかもしれません。


この話の元ネタは「ヤバい経済学」(東洋経済新報社刊)で、相撲は八百長だ、とか、経済の難しい話は出てこなくてひたすら身近なネタを分析していくんですが、これが久しぶりに面白かったです。この手の話が好きな方は是非どうぞ。


【問題317】
タイゾー君は毎朝電車で通勤しています。その日は事故があって電車が30分遅れで運行していたのですが、タイゾー君はいつもより早く会社に着きました。なぜだかわかりますか。


急行とか特急はありませんでした。簡単ですね。
ところでサッカーのVSドイツ戦、てっきり今日の深夜にあると思っていて、今朝録画でもしようかとテレビをつけた時点で結果を放送してました。なんだか朝から一気にブルーになってしまいました。


友達にすすめる
posted by fakerholic at 01:06| Comment(12) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。