2006年04月01日

【問題293】タイゾー君は働き者

いやすいません。大した仕事もしてないのに怒涛のような3月をやっと乗り切ることができました。3日もUPしなかったのは恐らく初めてです。4月に入って少しは余裕もできるのではないかと思う、桜の満開の今日この頃です。(今日は帰省から戻ってきた子供つれて花見をしてきました)

今テレビで指輪物語をやってますが、ここにちょっとした頭の体操的なギミックがあります。ナズグルという冥王の使いがいて、こいつは人間の男には倒すことはできません。ではどうやってナズグルを倒すことができたのか。

そう、人間ではないホビット(という種族)が傷を負わせ、人間の女性がトドメを刺すのでした。(小説だとナズグルがいかに不死身かという話は最初の方に出てきてここでは触れられませんが、作者のトールキンはこのナズグルの最期を、多分伏線としてずっと持っていたのではないかと思います)

映画では同じようなファンタジーものでナルニア国物語というのがヒットしているらしいですが(まだ見てません)、これはこれでキリスト教っぽすぎる、とか反フェミニズムで果ては人種差別主義的など、結構批判されてるようです。ここまで言われるならどのあたりがそうなのか、逆に見て(読んで)みたい感じです。(ところで作者のルイスは指輪物語のトールキンとオックスフォード大で同僚だったらしいですね)


【問題293】
働き者のタイゾー君は毎日日の出とともに仕事に出かけ、日の入りにあわせて帰宅します。それなのに、タイゾー君は午前9時より前に出かけたことはなく、午後9時までに帰宅したこともないそうです。なぜだかわかりますか。


何が普通と違うのか、がポイントです。知ってる方には簡単だと思われます。

(久しぶりに)友達にすすめる
posted by fakerholic at 23:23| Comment(9) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。