2006年03月22日

【問題289】はじめての電車

パーティゲームや対戦型のゲームで、つい必勝法を編み出そうとしてみたり、ズルをしてしまったりすることがたまにあったりします。

ウチの子は最近買った「ドラえもんの人生ゲーム」にはまっていて、止まったマスが「払う」だとのびP(このゲームのお金の単位)が減って、「もらう」だと増えるということがわかるようになったんですが、コマを進めた先がどうも「払う」っぽかったりすると、そーっと隣の「もらう」マスに動かして「やった、のびPもらう〜」とか言ってたりします。
(もちろん、それが父の血を引いた先天的な行動だったとしても、そんなことは許しません)

ロングセラーの「黒ヒゲ危機一髪」というゲーム(タルに海賊が入っていて、剣で刺して海賊が飛び出たら負けという例のアレです)にも、必勝とまではいかないまでもかなり優勢になれる刺し方があります。

黒ヒゲが飛び出る「当たり」は、黒ヒゲを押し込んでまわすことで変わります。タルの中を見ると黒ヒゲの足にちょうど沿うように出っ張りが2つあって、黒ヒゲをまわすことでこれをまわし、場所を変えていることがわかります。

そう、足に沿ってまわっているので、黒ヒゲの向きを見ればどのあたりに「当たり」があるのか大体見当がつくのでした。ちなみに「当たり」の場所は黒ヒゲのほぼ真横(左右どちらかはわかりません)あたりになるので、正面とか真後ろはまず大丈夫です。

これでパーティーで商品をかっさらうのも、あえて当てて話題を独り占めするのも結構思いのまま(?)なので、機会がありましたら是非どうぞ。(口説くときにも使えそうだ、と思ってしまいましたが、これを持ち歩くほうが大変そうです)


【問題289】
幼稚園児のたいぞう君が初めて電車に乗ったとき、どうやってもつり革に手が届かなかったのですが、次に乗ったときは誰の助けも借りずにつり革をつかむことができました。なぜだかわかりますか。


簡単ですね。ところで、今春休みで私以外の家族は帰省中です。結構平穏です。

回答を回答集blog【回答289】にUPしました。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 23:41| Comment(12) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。