2005年12月26日

【問題235】ある日のブッシュ

会社近くのクリスマスツリーも撤去作業を行っていて、クリスマスを過ぎると浮かれ気分はどこへやら(浮かれてました?)、急に現実に引き戻される感じです。
隣ではクリスマスに買って今日届いたばかりのレーザープリンタがうんうん唸って年賀状を吐き出してまして(私のではありません。うちの妻が自分のをやってます)、なんだかゆっくり考える環境にないです。

今日届いたばっかりなんだから、都度聞かれたってオレだってどうなってんだか知らないよ、という感じで、今日はちょっと小ネタにして、放っといてもう寝ます。

もう年賀状、書きました?あれは面倒くさいと思ってしまいます。印刷だけして、「元気か?」と添えるのがせいぜいで、多分私が今まで出した年賀状で元旦についたものはないはずです。


【問題235】
ある日の午後一番、ブッシュ大統領はホワイトハウスの南向きの部屋でミーティングを開いていました。その日は天気も良く、雨どころか霧の気配さえなかったのですが、大統領が窓の外を見た時、エンパイアステートビルの頂上が見えなかったそうです。なぜだかわかりますか。


このクイズの元ネタはイギリスのクイズです(多分)。と、コレ自体が実はヒントです。


回答編もUPしたいのですが、上の事情で明日あたり、自分の年賀状のプリントアウトとあわせて2〜3個回答UPします。おやすみなさい。

回答を回答集blog【回答235】にUPしました。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 23:33| Comment(9) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【問題234】相続の問題

今年の大晦日の23時59分59秒と00時00分00秒の間に、23時59分60秒という1秒が挟まれて、来年より今年は1秒だけ長い年になるようです。

どうも地球の自転周期は年々長くなっていて、それを修正するためのうるう秒(閏秒)が協定世界時(UTC)に挟まれるらしく、そんなに珍しいことではないらしいです。このあたりちょっと調べてみたらIT用語のウェブサイトにも詳細な説明が載っていて、なるほど、システムの現場では結構重要そうです。

ただ、これが発表されたのが昨日(24日)なので、結構直前で知らされるものなんですね。私としてはクイズのネタに使えそうだとちょっと思ってしまいました。


【問題234】
アラブの3人の子供たちが親の遺言に従って17頭の馬を相続することになりました。遺言では、長男は全体の半分、次男は全体の1/3、三男は全体の1/9を相続することとなっていたのですが、馬を生きたまま遺言のとおりに相続するにはどういたらいいかわかりますか。



この問題はおそらく、世界で最も有名な頭の体操問題だと思われます。複数の書籍で「アラブで古くから伝わる・・」とあるので、出所はそのあたりっぽいです。有名な分、すぐに解けてしまうと思われますので、こんな問題も用意しました。


【問題234−2】
タイゾー君は、保有する土地の相続のために、妻とこれから生まれる子供に遺言を遺していました。
生まれる子供が男の子だったら土地の2/3を子供に相続して残りの1/3を妻に、女の子だったら1/3を子供に相続させて残りを妻に、という内容だったのですが、生まれてきた子供は男の子と女の子の双子でした。

さてこの土地は妻と男の子と女の子で、どのように分配すべきでしょうか。



相続をネタにした問題もいくつかあって、これの元ネタはサム・ロイドです。他にもどこかで見かけたりしたので、そのうち紹介するかもしれません。

回答を回答集blog【回答234】にUPしました。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:41| Comment(7) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。