2005年12月21日

【問題229】謎の火事

共同通信配信の記事で、こんなのがありました。

 【パリ20日共同】パリの軽罪裁判所は19日、日本のマイルドセブンなどたばこの広告付きの服を身に着けた自動車レース、F1の関係者の写真を掲載したとして、夕刊紙ルモンドと経済紙レゼコー、週刊誌ルポワンの3社に計2800ユーロ(約39万円)の罰金支払いを命じる判決を言い渡した。フランス公共ラジオが伝えた。

 フランスではたばこの広告が禁じられており、欧州連合(EU)も今年7月末からEU域内での新聞、インターネットなどメディアを通じたたばこ広告を全面禁止している。

 ルモンドは3月20日と翌21日付の紙面でF1のルノーチームの写真を掲載。メンバーの服装にマイルドセブンのロゴが付いていた。レゼコーとルポワンも同様にマイルドセブンや米国たばこのマルボロのマークが付いた服を着たレーサーらの写真を掲載した。


記事内写真で罰金がとられてしまうようなら、F1関連のカメラマンは商売あがったりです。

しかし最近のタバコバッシングにはすごいものがあります。ここまでの仕打ちをされるなら、タバコメーカーも自衛すべきです。まず芸術家を育てましょう。そしてその芸術家全てに自社タバコを題材にした絵を描かせて、街のあちこちで掲示させます。
さすがに芸術の都にあって、表現の自由の結実である「芸術作品」にまで罰金を科すとは思えないのですが、どうでしょう。

あと、犯罪を犯して連行されるとき、顔写真を撮られたくなかったら、顔にタバコの箱を貼り付けておけば、記事だけで済みそうです:-P



【問題229】
ある建物が火事で全焼してしまいました。目撃者の証言によると、その建物の中には一人しかいなかったらしいのですが、焼け跡からは10体の焼死体が発見されました。なぜだかわかりますか。


ちょっとホラーな話です。特に太平洋側は冬場は空気が乾燥しているので、火事にはお気をつけください。

回答を回答集blog【回答229】にUPしました。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 00:08| Comment(31) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。