2005年11月10日

【問題190】1/1000のワイン

選挙で最も有権者を馬鹿にした公約とは何でしょう。この模範解答となるような話が今日のAP配信のニュースで流れました。ちょっと引用します。


「当選したら、辞任します」−。米ペンシルベニア州の町長選で、現職町長が奇妙な「公約」を掲げて立候補した。
約10年にわたり町長を務めてきたこの男性、今回の選挙に出馬する意欲はなかったが、所属政党の予備選で名前が挙げられ、やむなく立候補。4票差で落選し、めでたく希望がかなった。
 116票を獲得した当選者は「町長になりたくないという候補者に、112人も投票したとは」と驚いていた。(米ペンシルベニア州モントローズAP)


そんなにやりたくないんだったら立候補しなきゃいいじゃん、という感じですが、そんな候補者に4票差まで追い上げさせた対抗馬は、別途信任投票が必要かもしれません。



【問題190】
ある国に悪い王様がいました。この王様は1,000本のとても高価なワインを貯蔵しているのですが、ある日、このうち1本のワインに毒が混入されていることがわかりました。この毒は非常に強く、どんなに薄められても人を殺害でき、さらに効果が出るのに1ヶ月かかることがわかっています。ただどのワインに混入したかは見た目では全くわかりません。

そこで悪い王様は、ワインを死刑囚に飲ませてどれが毒入りかを突き止めようと思いつきました。早速死刑囚を連れてこさせたのですが、死刑囚は10人しかいませんでした。さて、この10人の死刑囚で毒入りワインを見分けるにはどうしたらいいですか。
王様は、5週間後には自らのワインでもてなすワインパーティーを控えています。


ちょっとブラックで難し目です。ちなみに以前このブログで採り上げた過去の問題と少し関係があります。

回答を回答集blog【回答190】にUPしました。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 23:52| Comment(9) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。