2005年09月13日

【問題134】二人の大統領

選挙で勝った小泉さんが、次期首相を念頭においた内閣改造/党役員人事を行うそうです。閉塞した政治と後継人事、というと、共和政から帝政に移行する古代ローマのカエサル(シーザー)とアウグストゥスの時代に似てると思ってしまいました。

(多分、大ベストセラーなので皆様もよくご存知かと思いますが、私も塩野七生さんのローマ人の物語にはまった一人です。塩野版のカエサルは、ご本人が惚れた、と言うだけあって魅力に満ちています。)

後世天才と謳われたカエサルが選んでいた後継者は遠縁の若者でしたが、見事に国をまとめあげ、強固にしました。小泉さんが後世の歴史家にスーパースターといわれるかトリックスターといわれるかは後継者にかかってるのかもしれません。


ところで、半年ほど前に、ある社長からとある構想を聞かされて意見を求められたことがありました。正直都合のいいシナリオに思えたのと、冗談のようなやりとりだったので、私は塩野さんがよく引用するカエサルの言葉、「普通の人は自分の見たい未来しか見たがらない」を精一杯(!)婉曲的に伝えました。
あまりに婉曲すぎて、本当に伝わっていたのかは未だに謎です。


【問題134】
アメリカの第22代と第24代の大統領は、その母親と父親は同じ人ですが、兄弟ではないそうです。なぜだかわかりますか。


調べたりせずに、純粋に考える方をおススメします。

回答を回答集blog【回答134】にUPしました。

友達にすすめる
posted by fakerholic at 22:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 頭の体操クイズネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。